KIITOについて-施設概要-

1927年に輸出生糸の品質検査を行う施設として、ゴシックを基調とした神戸市立生糸検査所(旧館)が建設されました。1932年には国に移管し、国立生糸検査所(新館)が東に建て増しされ、神戸港の生糸の輸出は、大正から昭和初期にかけて最盛期を迎えます。
近代日本の産業や文化を輸出するための重要な拠点だった生糸検査所は、その後役割を終えましたが、また新たに、一時代を築いたまちや文化を継承し、新しい価値を生み出す創造の場となります。

2008年に、神戸市がユネスコ創造都市ネットワークのデザイン都市に認定され、その創造の拠点として、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)を2012年8月に開館しました。
KIITOは、デザインを人々の生活に採り入れ、より豊かに生きることを提案し、神戸だけでなく世界中をつなぐ、デザインの拠点となることを目指します。

神戸市の中心部三宮の海側に位置する地上4階建ての建物内では、デザインやアートにまつわるゼミ、レクチャー、展示、イベントを開催するほか、貸ホール、貸ギャラリー、貸会議室、クリエイティブラボ(オフィス入居)スペースなどがあります。

名 称
デザイン・クリエイティブセンター神戸
所在地
651-0082 神戸市中央区小野浜町1-4
構 造
旧館:鉄筋コンクリート造 新館:鉄筋鉄骨コンクリート造
敷地面積
8,601㎡
延床面積
旧館:3,489㎡ 新館:10,290㎡
施工年
旧館:1927年 新館:1932年

デザイン・クリエイティブセンター神戸(神戸市)指定管理者
iop都市文化創造研究所・ピースリーマネジメント・神戸商工貿易センター共同事業体

  • 1F
    KIITOホール / ギャラリー / カフェ / MUJI+クリエイティブスタジオ / 事務所 / プロジェクトスペース
  • 2F
    ライブラリ / 生糸検査所ギャラリー / ギャラリー / 実験的活用スペース / プロジェクトスペース
  • 3F
    クリエイティブラボスペース / プロジェクトスペース / 実験的活用スペース
  • 4F
    クリエイティブラボスペース / プロジェクトスペース

ページの先頭へ戻る