machiちびっこうべオープン

ちびっこうべ2016 10月9日(日)・10日(月・祝日)・15日(土)・16日(日)

夢のまちで、きみは何をする?

2年に1度、4日間だけオープンする、子どもだけの夢のまち「ちびっこうべ」。
仕事をして、買い物をして、イベントに参加して、
まだ見ぬ仲間たちといっしょに遊んで、まちをもっと楽しくしよう!

時間 : 12:30〜17:00(途中入出場可)
場所 : デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)
参加費 : 無料
申込み : 不要
対象 : 小学3年生~中学3年生

※まちオープン時の「子どもエリア」には、中学生以下の方のみ入場できます。
※小学3年生以下の方も一部の仕事などに参加できますが、保護者の方は「子どもエリア」には入場できませんので、お子様のみでまちを楽しめる方のみご参加ください。

夢のまちのたのしみ方

  • 1.夢のまちにくるちびっこうべで
    市民登録しよう
  • 2.仕事をするハローワークで
    仕事を選んで
    はたらこう
  • 3.給料をもらうはたらいたら、銀行で
    まちの通貨「キート」を
    もらおう
  • 4.お金を使う「キート」を使って、
    ごはんやおやつ、
    じぶんの欲しいものを買ったり、
    いろんな体験を楽しもう

保護者の方へ

※まちオープン時、来場者多数の場合は、安全確保のために入場を制限することがあります。
※本プログラムにおける記録写真・映像は、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)、および神戸市の活動として、ウェブサイトや広報、報告書などに使用することがあります。ご了承のうえ、ご参加ください。
※その他、まちオープン当日に関する内容は「FAQ」ページをご覧ください。

ちびっこうべスケジュール

夢のまち「ちびっこうべ」では、子どもだけが参加できる、まちオープンの他にも、
いろんなイベントが盛りだくさん!

トークイベントやアーティスト・トークなどいろんなイベントの情報を随時公開中!

夢のまちのイベント

夢のまち「ちびっこうべ」がもっと楽しくなるイベントを、オープン期間中に開催します。予定しているイベントの他にも、当日、新しいイベントが企画され、開催されることもありますので、どうぞお楽しみに!

夢のまちオープン3日目 (10/15)てんぐダンスショーDX
夢のまちオープン4日目 (10/16)ユメミセコンテスト
夢のまちオープン4日目 (10/16)ちびっこうべオークション

※予定は変更になる場合がありますので、ご了承ください。
※夢のまちのイベントは、基本的に子どもだけが入れる「子どもエリア」で開催します。

夢のまちの仕事

夢のまち「ちびっこうべ」では、プロから学べるお仕事がたくさんあります。その数、約40種類。学ぶだけではなく、自分なりにアレンジしたり、つくったものに値段をつけて売ったり、他のお仕事と協力したり、まちのオープン中に新しい仕事が生まれてしまうことも!

夢のまちのマップ

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の中にある、約1,500㎡のスペースにオープンする夢のまち「ちびっこうべ」。訪れた人たちが楽しめるよう、さまざまなエリアに分かれています。

A/子どものまちエリア

中学生以下の子どもだけが入場できる、ちびっこうべのメインエリア。はたらいたり、給料のキートで買い物をしたり、イベントに参加したり、いろんな遊び方ができます!

1/公共エリア

まちを訪れた子どもたちが、必ず立ち寄る場所。エリア内にある市役所で市民登録を行い、ハローワークで仕事を探し、銀行で給料の「キート」を受け取ります。

2/ユメミセエリア

夏休みから、225人の子どもたちがシェフ、建築家、デザイナーチームに分かれてつくってきた夢の食べ物屋さん「ユメミセ」が立ち並ぶエリア。

3/仕事エリア

夢のまちの、さまざまな仕事を体験できます。また、キートを使って、買い物やいろんな体験をすることもできます。

4/広場エリア

まちの真ん中にある広場では、ユメミセで買った食べ物を食べたり、ステージで行われるイベントを楽しんだりできます。

5/てんぐバックスカフェエリア

子どもたちがつくった、緑のてんぐが目印のカフェ。店員によるダンスショーも行われます。

B/大人エリア

子どものまちに入れない、保護者のためのエリア。まちの外から中の様子をのぞいたり、ちびっこ観光ツアーに参加して、夢のまちを楽しむことができます。ただし勝手にまちに入ると、ちびっこ警察につかまってしまうので要注意!