写真 2016-08-29 15 04 50(切り抜き)

シェフチーム7班 トースター2回目ワークショップ レポート

2016年8月29日(月) ちびっこうべシェフワークショップを開催しました。「トースター」のちゃあさんと「パンデュース」の米山雅彦シェフにご指導いただきました。このチームのメニューはコッペパンサンドです。前回はパン作りを学んだので、本日は挟む具の作り方を学びます。
コッペパンサンドの具は、ハンバーグ、温野菜、スイートポテトの3種類です。まずはハンバーグづくりから行いました。お肉に必要な具材を入れ混ぜていきます。お肉の底から上に押し上げ、手のひらで下へ押しながら混ぜます。力のいる作業なのでみんなで順番に行いました。混ぜ終わったお肉を70gに分けて、パタパタと両手を使いながらガス抜きをして形を整えます。そしてフライパンで両面をしっかり焼いたら、オリジナルソースの入った煮込み用の鍋に入れます。 続いて、温野菜です。事前に調理していただた、ブロッコリー、パプリカ(赤、黄)、カボチャ、サツマイモをアルミホイルの上に並べます。その上にチーズをたっぷりかけて、オーブントースターで1分ほど焼きます、チーズがとろけたら完成です。
スイートポテトをつくります。茹でたサツマイモに砂糖、生クリームを入れ、ミキサーにかけます。ペースト状になったら、バターとフライパンで軽く熱を入れれば完成です。リンゴの薄切りと合わせてコッペパンに挟みます。 それぞれを完成した具材をみんなでコッペパンにはさんでいきます。本番ではお客さんに提供するので、見栄えもとても重要です。きれいに見えるよう丁寧に行いました。
それぞれ完成したコッペパンサンドをみんなで試食しました。1番人気はハンバーグでした。どれもとても美味しく本番が楽しみです。スイートポテトのコッペパンサンドにはリンゴの薄切りを挟みます。みんなはまだ包丁に慣れていないので、リンゴの皮むきができるように家で練習してきましょうと米山シェフからの宿題がありました。
当日の様子の映像
制作:神戸芸術工科大学 撮影:岩崎和樹 編集:成清櫻ちびっこうべ2016 開催概要はこちら ユメミセワークショップ概要はこちら