DSC02112

シェフチーム8班 元町ケーキ2回目ワークショップ レポート

2016年9月22日(土)
ちびっこうべシェフチーム、元町ケーキでの2回目のワークショップを開催しました。大西達也シェフに本番でつくるアイスケーキの中に入れるジャムのつくり方と、本番での作業手順についてご指導いただきました。

はじめにジャムづくりです。材料は果実と砂糖。果実の半分ぐらいの量の砂糖を前の晩から果実の中に漬け込んでおきます。これだけで、翌朝にはシロップができます。この部分は大西シェフが事前に準備してくれました煮込みながら温度が50℃以上になったら、ペクチンを入れます。ペクチンを入れることでとろみが出てきます。その後、レモン汁を入れ、ひと煮立ちさせます。レモン汁をいれることで、色味が少し明るくなります。あっという間にジャムができました。「お家でもすぐできるので、試してみてください」と大西シェフ。自宅でジャムをつくる際は、あまり煮込まなくても良いようです。

次に、本番での手順の確認です。味は「クッキー&アーモンド」、「ドライパイン&オレンジピール」の2種類を作ります。お客さんにどちらか好きな味を選んでもらい、冷凍庫から冷えたアイスケーキを取り出し、温めたチョコレートの入ったコップに浸し、チョコレートが乾くまでに、トッピングを上からパラパラとかけます。最後にクマの顔のクッキーを上部に付けて完成です。チョコレートが乾いてしまうとクッキーがうまくつかないので、手早く作業することが重要です。サポーターの方をお客さんに見立てて、何度も練習しました。

「本番ではたくさんのお客さんが来るので、焦って落としてしまったり、トッピングがしっかりついていなかったりしないよう注意してください。見た目もきれいに、おいしそうに作ることもとても大切です。」と大西シェフからアドバイスがありました。次回はいよいよ本番です。手順をしっかり頭に入れて臨みます。


当日の様子の映像

制作:神戸芸術工科大学
撮影:成清櫻 編集:岩崎和樹


ちびっこうべ2016
開催概要はこちら
ユメミセワークショップ概要はこちら
元町ケーキ 大西達也さんについてはこちら