ちびっこうべ9班シェフワークショップ②@カセント

ちびっこうべ9班のシェフワークショップ2回目を開催しました。このチームの講師は県庁前にある「カセント」というレストランの福本伸也さんです。メニューは「春巻きスティック」です。

前回の復習として、シェフのサポートなく具材を混ぜるところから分担して作業を始めました。塩コショウなどもバランスも自分たちで加減し、進めました。春巻きの具が完成したら、さっそく包んでいきます。春巻きの皮を包丁で3等分にします。先ほど作った具をしぼり袋に入れて、春巻きの皮に直線に絞っていきます。前回の特訓の成果もあり、とてもバランスよく絞れました。生地の回りに水溶き片栗粉を刷毛で塗って包みます。空気を入れないように包むのかポイントです。何個も練習をしていきます。

手際よくどんどん巻いていきました。数をこなすことでとても上手になっています。巻き終えたら、180℃ に熱した油で揚げていきます。春巻きの端を持ち、半分ぐらいまでゆっくり油に落としてから手を離します。こうすることで油がはねる心配はありません。みんな上手に上揚げることができました。

最後に小さなカップに自分で揚げた春巻きスティックを4本挿し、先っぽにマヨネーズをしぼり、カレー粉やチーズ、バジルなどを添えて完成です。見た目もオシャレな春巻きスティックができました。試食して今日は終了しました。この調子で力を合わせて本番も頑張りましょう。
Photo:坂下丈太郎