• >
  • >

403

403

株式会社ティーハウス建築設計事務所

http://www.teehouse.com/

ティーハウス建築設計事務所は建築を現代社会における文化の要と位置づけ、住宅設計、施設設計から店舗開発、都市デザイン、メディア制作に至るまで、幅広い分野で活動を行うグループです。
既存の価値観にとらわれることなく、建築主様やプロジェクトに関わるあらゆる立場の人々とのオープンな話し合いを通してプロジェクトを育成していくのが私たちの方法です。様々な試行の中に生まれる新しい建築の「種」を育て、新しい環境づくりの方法を潜在的な可能性の中から時間をかけて掘り起こします。そうして生み出された空間は新しくもあり、同時に懐かしいものでもあるような、かけがえのない空間になります。
私たち自身の建築表現の追求のみならず、プロジェクトに関わる全ての人たちと、こうした新しい状況の誕生に立ち会うことは、私たちの至上の喜びなのです。

403

槻橋 修
1968年富山県生まれ。2002年 ティーハウス建築設計事務所設立。2003年から2009年9月まで、東北工業大学工学部建築学科講師。2009年10月より神戸大学准教授。2009年、日本建築学会賞(教育)共同受賞。主な作品に、新潟県十日町市・清津川プレスセンター「きよっつ」(2009年)、「三宮BOS」アートワーク(2011年)、東日本大震災復興支援「失われた街」模型復元プロジェクト(2011年)などがある。

150701 飯川 雄大

飯川 雄大

http://www.takehiroiikawa.com

1981年西宮生まれ。神戸在住。

制作メディアは映像、写真、イラストレーションなど多岐にわたり、ハジメテン、ばうみみ、COUMAなど、アーティスト・コレクティブの活動も精力的に行う。
KAVC×CAP×KIITOの3館連携企画「Marching KOBE」の公式キャラクター「猫の小林さん」を制作。「猫の小林さん」を神戸のご当地キャラクターにするべく猫グッズを量産中(http://bauonlineshop.com)。
主な展覧会に、「数センチのポジショニング」(東京・SUNDAY、2015)「HIGHLIGHTS SCENE」(ベルリン・Marma Berlin Projekt、2014)「遭遇するとき -Happening Upon-」(滋賀・滋賀県立近代美術館、2013)など。

2F

3F

4F

ページの先頭へ戻る