つながり

141007 徳力弥生

徳力 弥生

草木染ニット作家
ちゃー美流

プロフィール

兵庫県相生市の山間にある工房で、周りにある草木を用いて染色している。
「工房ちゃー美流」とは、ハーブ チャービルの花言葉「魔法のくすり」「新しい命を吹き込む」という意味から取り、なんでも無駄にせず、捨てられるものに命を吹き込みたいという思いで染めている。
春は桜、夏は青空、秋は夕焼け、冬は雪景色と田舎の風景をイメージしてニット作品を作っている。

ページの先頭へ戻る