お知らせ・レポート

ネットワーク

2017年10月21日(土)
「カレーライスを一から作る」先行上映+トークイベントを開催しました。

radio

元町映画館との連携企画として、「つながる食のデザイン展」の開催期間中に、同じ「食」を扱うドキュメンタリー映画「カレーライスを一から作る」を映画館での上映に先駆けてKIITOにて上映、さらに関野吉晴さんと前田亜紀監督、同時期に展覧会を開催する石塚まこさんの三者でトークを行いました。

映画は、武蔵野美術大学で行われた関野さんのゼミを追いかけたもの。コメも野菜も香辛料も、タネを入手するところから初めて一から育て、肉も鳥を飼育して屠るところまでを行い、文字通りカレーライスを「一から」作っています。回を重ねるごとにゼミの参加者が減ったり、鳥がうまく育たなかったり、育てるうちに屠りたくないと言う学生があらわれたり、とさまざまな壁にぶつかるようすが映像に収められており、いのちとは、食べることとは、を考えさせられる映画です。

KIITOアーティスト・イン・レジデンス招聘作家として展覧会を開催中だった石塚さんも、奇しくも当初は「カレー」が神戸での制作・リサーチのキーワードとして挙げられており、また、作品や、制作過程でつづられるノートの中にも、ものごとの起源や来歴へのまなざしを感じられることから、トークに登壇いただくことになりました。

radio

トークは、前田監督に進行いただき、映画のテーマや撮影前後のエピソード、教育の現状など、さまざまな話題に及びました。

映画ではいのちの話が大きなテーマとして受け取れますが、本来、関野さんのゼミは、いのちが主題だったわけではなく、一からものを作るといろいろな気づきがある、ということがテーマなのだそうです。開催年によって作るものも違うし、参加する学生によって展開も変わってくる。映画になった2年目のゼミで、たまたま屠りたくない、という人が出てきたので、「いのちになっちゃった」のだそうです。
前田監督は、すべてを撮り終えたときに、すごく心に残っていたのが、関野さんの「植物にだって命はある」という、命に対する定義を考えさせられる言葉で、それを一番大事にするように作ることを考えたとのこと。

関野さんに言わせれば、植物も、口の中の微生物も命。ゼミの中で彼らが嬉々としてやっていた、稲刈りやウコン・しょうがの収穫も、それらを殺すことなのに、動物を屠るときだけ、悲壮な顔をする。ほんとうにいのちを奪いたくないと思うなら、抗生物質も飲めない。たくさんの死の上になりたっている社会に生きているのに、そこまで思いが至らない。生態系全体を考えるようにしたい、と。認識が新たになるお話でした。

ゼミの本来のテーマ「ものを一から作る」に関して、関野さんは、みんな一からものを作るということをやっていない、と指摘します。ゼミが開講されている美術大学でも、彫刻科は木の伐採をしたことはないし、テキスタイルやファッションの科でも桑や蚕は育てたことがない。なんでもいいからひとつ、調べるだけでも、それを作ることで何が起こっているか、誰が利益を得ているか、社会が見えてくる。「一から」の過程で学ぶことは本当にたくさんあり、それを経験することで自分の引き出しが増えるのです。関野さんは、この映画は小中学生に観てほしい、このゼミ自体、ほんとうは小中学生がやるものだとよく話すそうです。
しかしながら、現在の日本の教育現場では、センシティブな親も多く、なかなか難しいようです。
学生も、どんどんセンシティブになっているようです。10年前なら「生を全うさせたい」という学生は出てこないだろう、と。
それには、前田監督が、しみじみ思う、と言う、私たちのいま生きている「きれいな、クリーンな」社会-スーパーではお肉もパックに入って、その来歴も、元の状態もわからない、その状態から始まっていると思っている人もいるような、「包み隠されている」状況、も影響しているように思えます。


来場者から、ゼミの学生たちの食生活に変化はあったのか、という質問がありました。食べるものの原材料をよく見るようになったのだそうです。よく知らない材料があまりにも入っているので、とジュースを飲まなくなった学生や、売っている鶏が何を食べているか分からないから、鶏が食べられなくなった学生がいるそうです。
また、関野ゼミ生は、最初はもちろん美術を志して来ているけれど、卒業すると、だいたい第一次産業-日本を底から支える仕事をしていることが多い、というお話が印象的でした。

映画上映は全国で続き、また小学生向けに書籍化もされています。ぜひ合わせてご覧ください。


『カレーライスを一から作る』先行上映+トークイベント(元町映画館 連携企画) 開催概要
『カレーライスを一から作る』 公式サイト
「つながる食のデザイン展」 開催概要
石塚まこ「ちいさな世界を辿ってみると」(KIITOアーティスト・イン・レジデンス2017 報告展) 開催概要

2015年6月6日(土)

昨年に引き続き、「KIITOマルシェ2015」を6/6(土)に開催しました。小児がん専門医療施設、「チャイルド・ケモ・ハウス」の支援を目的に、KIITOと協働するクリエイターが集結し、販売やワークショップ、飲食などたくさんのブースが並びました。開場前から並ぶ人もおり、開始からとても賑わいのあるマルシェとなりました。

SONY DSC SONY DSC
 
会場の中央には大きな青のカーテンが、各ブースには網状の黄色いとんがり屋根が並びます。会場の真ん中に位置するピクニックヤードには巨大なダンボールの床が設置され、子どもたちは靴を脱いで、床に絵を描いたり、転がったり、まるで原っぱで遊んでいるような様子で、楽し王でした。
会場デザインを手がけていただいたのでは、2014年のちびっこうべで建築家チームとしてご協力いただきました、MOMさんです。
 
SONY DSC SONY DSC
 
チャイルド・ケモ・ハウス チャリティーウォーク2015」では、チャイケモカラーの緑色Tシャツを着て、711名の参加者が、東遊園地をスタートし、三宮センター街、南京町、メリケンパークを通り、ゴールのKIITOまで、全長約5㎞を歩きました。街中を通ることで、たくさんの方へチャイルド・ケモ・ハウスを知っていただく機会となりました。
 
SONY DSC SONY DSC

出店ブースでは、未来に届く手紙を書くワークショップ、木片が5円玉の穴を貫通した不思議な木のキーホルダーづくりやイラストレーターによる似顔絵など様々なプログラムが並びました。また飲食も、ホルモンうどん、コッペパンサンド、コーヒー、かき氷、はちみつドリンクなど、どれも食べてみたくなるメニューばかりでした。参加者はいろいろな体験や食べ物を楽しみながらゆっくりと過ごしていただけたようです。

KIITOマルシェで集まった寄付は、合計247,444円になりました。ご協力いただいた出店者の皆様、ありがとうございました。
寄付受渡の様子
 
SONY DSC SONY DSC
 
SONY DSC SONY DSC
 
SONY DSC SONY DSC
 
SONY DSC SONY DSC
 
photo:株式会社イデアグラフフォトワークス

「KIITOマルシェ2015」
http://kiito.jp/schedule/event/article/12103/

2014年9月14日(日)

 

神戸アートビレッジセンター(KAVC)によるトークサロン「hanaso」の出張編として、神戸でアートを扱う3つのスペース、C.A.P.、KAVC、KIITOの各現場で働くスタッフがホストとなり、アートの分野で活躍する先輩方をゲストに迎え、これまでの活動や経歴についてお話を伺いながら、会場の皆さんと共にアートの現場におけるこれからの働き方について考えました。
KAVCウェブサイトに開催レポートがアップされましたので、お知らせいたします。
レポートはこちら(KAVCウェブサイト内)

2014年6月7日(土)

KIITOホールで1日限定の「KIITOマルシェ2014」を開催しました。
出店したのは、KIITO内のクリエイティブラボ入居者やKIITOが展開するさまざまなプロジェクトで協働するクリエイター有志。子どもも大人も楽しめるワークショップや、オリジナルグッズの販売、展示、飲食など多彩な43店舗が並びました。

このマルシェは、「チャイルド・ケモ・ハウス チャリティーウォーク2014」と「リレー・フォー・ライフ・ジャパン神戸2014」との連携イベントとして開催されました。
ポートアイランドに開設した日本初の小児がん専門治療施設「チャイルド・ケモ・ハウス」の活動を知ってもらうためのイベント「チャイルド・ケモ・ハウス チャリティーウォーク2014」では、KIITOがチャリティーウォークのゴール地点となり、ウォーク参加者を迎え入れました。マルシェの売り上げの一部も、チャイルド・ケモ・ハウスの活動に寄付されます。
会場構成はNO ARCHITECTS。リボンを使って、「WORKSHOP」「SHOP」「FOOD」などのエリアを分け、サインも作りました。軽やかで楽しい仕掛けです。
WORKSHOPブースでは短時間で終わるものから一日かけてじっくり楽しむものまで、気軽にクリエイティブにふれることができるプログラムが楽しめました。SHOPブースでは、洋服、アクセサリー、防災グッズなど、クリエイターによる多彩な作品が並びました。FOODブースには、神戸の若手ブーランジュリーによるパンをはじめ、神戸ゆかりの食べ物が並びました。5月25日に閉店したウーバレ・ゴーデン(西宮)のスタッフが集結した一日限定の「もりのレストラン」では、兵庫産の自然のめぐみをふんだんに使った3品を提供。会場は切り絵作家の早川鉄兵さんによる動物たちが楽しく演出してくれていました。大きなクマと写真が撮れるスポット付きです。

当日は雨が降ったりやんだりと不安定な天気にもかかわらず、たくさんの来場者に恵まれ、「一日じゃもったいない」「出店したい」という声もいただくなど、好評のうちに終了しました。
寄付額についてはまとまり次第改めてご報告いたします。

当日の様子|映像
https://www.youtube.com/watch?v=l3mm_QnAnXM&feature=youtu.be

KIITOマルシェ2014
開催概要はこちら

チャイルド・ケモ・ハウスについてはこちら
リレー・フォー・ライフ・ジャパンについてはこちら

「寄藤文平の“冬にやる”夏の一研究」展覧会 レポート|2013年2月15日(金)→3月3日(日)

JTのマナー広告「大人たばこ養成講座」やフリーペーパー『R25』の仕事で広く知られる注目のグラフィックデザイナー・寄藤文平氏の関西初の個展をデザイン・クリエイティブセンター神戸で開催しました。
寄藤氏には、KIITOロゴデザインや館内サインや案内のピクトグラムを制作していただいています。
本展は、2012年9月3日~29日に開催された「寄藤文平の夏の一研究」(ギンザ・グラフィック・ギャラリー第313回企画展)の巡回展で、主に黒板とチョークを使った寄藤流「考え方」のイラスト作品66点(解説を含む)を展示し、多くの方々に観覧いただきました。


121212_01.jpg 121212_02.jpg
 

121212_03.jpg 121212_04.jpg
ギャラリーAの43メートルという奥行ある空間を生かし、メインの展示作品となる装丁のプロセスを分析した黒板とチョークによる研究成果38点を一直線に展示しました。
その前に直線的に展示された装丁人気投票は、気に入った装丁にチョークで「正」の字を書き、投票できるものです。
KIITOでの装丁人気投票の結果、第1位は「15:前衛を形にする4」となりました。
また寄藤氏が開発した紙「ブンペル」のサンプル配布や著書の閲覧コーナーなど、多面的な会場構成で来場者が時間をかけて閲覧できる内容となりました。

〇会場:ギャラリーA
〇出展者:寄藤文平
〇主催:デザイン・クリエイティブセンター神戸
〇企画:ギンザ・グラフィック・ギャラリー、デザイン・クリエイティブセンター神戸
〇協力:公益財団法人DNP文化振興財団

作品点数
〇黒板とチョークを用いたアートワーク:(解説を含め)平面20点
〇寄藤氏が開発した紙「ブンペル」:平面1点(両面)、展示台(厚さ見本、サンプル)2台
〇装丁のプロセスを分析した研究成果:平面38点
〇装丁の人気投票:展示台4台
〇寄藤文平氏の著書閲覧コーナー:17冊

関連企画
寄藤文平「絵と言葉のレクチャー」レポートはこちら
寄藤文平「絵と言葉のワークショップ」レポートはこちら

2013年2月16日(土)

+クリエイティブレクチャー 寄藤文平「絵と言葉のレクチャー」を開催しました。


bunpeilec_01.jpg bunpeilec_02.jpg

展覧会「寄藤文平の“冬にやる”夏の一研究」に合わせて、寄藤文平さんを講師にお招きし、+クリエイティブレクチャー「絵と言葉のレクチャー」を開催。
「パブリケーション」というテーマに対して、寄藤さんがこれまでに取り組んできたデザインや仕事について、寄藤流「考え方」を交えながらレクチャーいただきました。




bunpeilec_07.jpg bunpeilec_04.jpg
「家でやろう。」というマナー広告のシリーズでは「そんなこと家でやればいいのに」と誰もが思うようなシチュエーションをイラスト化することで、その振る舞いが自分の事として気付くようにメッセージ化されています。
しかし、このマナー広告では、その当たり前をそのまま声高に言うのではなく、ちょっと面白いストーリーに変えて伝えるというような、押しつけがましくない、マナー広告のマナーを考えた伝え方を大切にデザインしたとお話しされていました。


bunpeilec_05.jpg bunpeilec_06.jpg
他にも、JTのタバコのマナー広告シリーズや自分のタッチのイラストをキット化した「KIT25」などのお話もしていただきました。

そして最後にまとめとして、寄藤さん自身が大切だと感じておられる「パブリックセンス」について、お話しいただきました。

それぞれの人の中にパブリックセンス=公共感覚みたいなものがあって、何かを伝えようとするときには、自分のパブリックセンスと相談して、その感覚的にOKかどうかということが判断基準になる。
これは美術的センスなどとは少し切り離れた独自の感覚のような気がしていて、相対する人数によって、必要なパブリックセンスは変化していくと思う。
「人に伝わる表現」ができる人とできない人がいるとすれば、それは、パブリックセンスを磨いた人かどうかという差だと思う。

「人に伝える」ということを見つめ直すきっかけとなるような、貴重な時間となりました。

講師寄藤文平

「絵と言葉のレクチャー」開催概要はこちら
展覧会「寄藤文平の“冬にやる”夏の一研究」開催概要はこちら

東日本大震災復興支援「つくることが生きること」神戸展 レポート

東日本大震災復興活動を行う個人・団体と支援者・支援団体を結ぶプラットフォーム「わわプロジェクト」との共同主催により、「つくることが生きること」神戸展を開催しました。(写真:森本奈津美)

KIITOホールに近づくと眼前に飛び込んで来るのが、椿昇《mushroom》。全長30mのロシアの大陸間弾道ミサイルを原寸大でかたどったバルーン作品です。また、さらに奥に進むと、巨大なスクリーンに出くわします。スクリーンには、両側から巨大プロジェクターで二人の写真家の作品が映しだされています。陸前高田市気仙町の出身であり、東日本大震災前後の被災地の様子を撮影し、痛切な作品としてまとめあげた畠山直哉《気仙川》《陸前高田》、そして、阪神・淡路大震災の直後に、神戸の街を生々しいまでに写しとった宮本隆司《KOBE 1995 After the Earthquake》です。
ギャラリーAを埋め尽くさんばかりの大量のカラーコーンは、「阪神・淡路大震災+クリエイティブ タイムライン マッピング プロジェクト」の展示です。本プロジェクトは、1995年1月17日からこれまでにおこなわれたクリエイティブな分野における支援活動を調査してタイムライン=時間軸におとしこんだ年表を制作、さらに各活動の概要やインタビュー、気づきのレポートなどさまざまなコンテンツを盛りこんだ取り組みです。
今回は、約20mの年表を展示するとともに、マッピングされている活動一つ一つをカラーコーンで表し、年表そのものを空間に落としこみ、体感していただこうと試みました。
さらに奥に進むと現れるのが「失われた街 模型復元プロジェクト(監修:槻橋修)」の真っ白な模型群です。失われた街や村を1/500の縮尺の模型で復元し、地域の方々に、聞き取りを行い、その内容を模型にタグ付けのような形で逐一反映していきます。この作業を通じ、地域に育まれてきた街並みや環境、人々の暮らしの中で紡がれてきた記憶を保存・継承していくことを目指しています。会期中もワークショップを行い、リアルタイムで模型が息を吹き返していくさまが見られました。
また、ギャラリーの突き当りに展示されているのは、リアス・アーク美術館(山内宏泰)「三陸大海嘯図版展示」です。明治29年(1896)、三陸地方を大津波が襲いました。当時の風俗画報は、その様子を生々しく伝え、ある意味では写真よりもその恐ろしさを伝えている、そのように思わせられる展示です。
展示の入り口部分に佇むのは、わわプロジェクトによる「被災地の復興リーダーが語る映像展示」です。東日本大震災以降、地元で復興を推し進めていくリーダーの方々が、42インチの大型モニターからまっすぐ正面を向き、鑑賞者に思いを語りかけます。
会期中はさまざまなイベントも開催されました。
会期初日には、美術家・遠藤一郎さんが、全国を回る「未来へ号」に乗ってKIITOに訪れ、ライブペインティングを行いました。(※上記二点のみ、KIITO撮影)
また、1/27(日)にはやっぺし祭りを開催しました。やっぺし祭りとは、被災地に遊び場がないという問題意識から、2011年5月より、岩手県大船渡市の仮設商店街を中心に継続的に開催しているアートイベントです。「やっぺし」とは方言で「やろう!」という意味。「子供に元気を与える」をコンセプトに、ワークショップを中心にイベントを行いました。
阪神・淡路大震災と、東日本大震災。それぞれに対する取り組みが、ほんの一部ではありますが一堂に集結した本展。阪神・淡路大震災から18年経過した今でも、震災復興は終わらない中で、わたしたちはクリエイティブというアプローチをもって、いったい何ができるのでしょうか。本展がそのことを一人ひとりが考えるきっかけの一つになれたことを願っています。

2013年2月16日(土)

+クリエイティブワークショップ 寄藤文平「絵と言葉のワークショップ」を開催しました。


bunpeiws_07.jpg bunpeiws_01.jpg
展覧会「寄藤文平の“冬にやる”夏の一研究」に合わせて開催された「絵と言葉のワークショップ」は、装丁を考える上で基本となる言葉からイメージを発想する方法について、寄藤流「考え方」を体験するワークショップです。
寄藤さんと参加者はダーマトグラフ(グリースペンシル)で装丁をイメージした用紙にラフを描きます。
寄藤さんの描く様子を書画カメラでプロジェクションしながら解説を聞くというスタイルで、まるで寄藤さんの思考回路を見るようです。

まず初めに、参加者から「スイーツ」というキーワードをもらい、デモンストレーションとして寄藤さんが絵を付けました。
単なる絵(ケーキ)よりも体験的なニュアンス(フォークがケーキの苺にあたるところ)を加えた方が、よりイメージが伝わりやすいことが、実際に寄藤さんが描く様子を見ることで理解できました。

bunpeiws_03.jpg bunpeiws_04.jpg
次に、参加者が持っていた書籍『物と場所』『建築計画』を題材に、言葉にイメージを付ける作業を各自で行いました。寄藤さんが気になったものを選び、描いた人にその考えを聞きます。
そして、受講生の作品を分類しながらそのパターンについて説明が行われました。
ここで参加者から出されたアイデア(考え方)は、ほぼすべてのアイデアが示されていると考えることができるそうです。あまりに突飛なアイデアは、一般の人々に伝わらなくなります。
このラフのイメージ(絵)を整えることで、装丁を完成に導きます。

bunpeiws_05.jpg bunpeiws_06.jpg
言葉と関係のないイメージでも、その言葉との距離感から自然に意味が生まれる、絵と言葉というお互いの距離や重なりから、「絵だけ」「言葉だけ」では伝わらないことを伝えることができるのがヴィジュアルコミュニケーションの最も大切なところです。
参加者はこのことを、ワークショップを通して体験的に習得できたと思います。

講師寄藤文平

「絵と言葉のワークショップ」開催概要はこちら
展覧会「寄藤文平の“冬にやる”夏の一研究」開催概要はこちら

2月16日(土)開催予定の寄藤文平「絵と言葉のレクチャー」は定員に達しました。

現在申込み中の方からのキャンセル等が発生しましたら、こちらのHPより随時追加募集をさせていただきます。

2月16日(土)開催予定の寄藤文平「絵と言葉のワークショップ」は定員に達しました。

現在申込み中の方からのキャンセル等が発生しましたら、こちらのHPより随時追加募集をさせていただきます。

ページの先頭へ戻る