スケジュール

セルフ・ビルド・ワークショップ 「あそび」のための「大きな家具/小さな建築」

ワークショップ

日 時
2017/12~2018/2 全3回 1日目:13:00-19:00/2日目10:00-18:00(各回共通)
場 所
プロジェクトスペース2B  
講 師
コーディネーター:川勝真一(RAD)
ゲスト講師:西尾健史(DAYS.)、+tic、NO ARCHITECTS
参 加
無料 / 事前申込制(先着順、定員に達し次第受付終了)
対 象
各回日程の2日間とも参加できる方
定 員
各回15名
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸

注目の若手デザイナー・建築家とセルフビルドの心構えと技術を学ぼう!

必要だと言われるから、みんながいいというからではなくて
自分自身が本当に必要だと思うものを、自分の手で作り出す。
それが「セルフビルド」。

だからそれはいつも社会のこうあるべきから少しはみ出ていて、
そのはみ出しっぷりが爽やかでかっこよかったりする。

セルフ・ビルド・ワークショップは、自ら「つくる」ための知識を得るための場であると同時に、手垢にまみれたこれでいいという感覚から一度距離を置いてみるためのエクササイズでもある。

ものづくりの現場では、ぴったりではなく、少し余裕がある状態のことを「あそび」と呼ぶ。
少し隙間を残したり、大きめに作っておくことで、後から調整できたり、部材通しの関係を良くするために設けられる。
この「あそび」そのものが機能を持つわけではないが、あると全体がうまく回るような存在だ。

KIITOに点在する余白も言うなれば、この建物における「あそび」ではないだろうか。
そこに新たな機能を詰め込んで、「あそび」を解消してしまうのではなくて
この「あそび」であることを表現した家具と建築の間のような装置をつくることが今回の目標だ。


プログラム
●第1回:2017年12月2日(土) 13:00-19:00、3日(日) 10:00-18:00
ゲスト講師:西尾健史(DAYS.)
→お申込みはこちら

CRAZY KIOSK, Exhibition Site, 2015

※本ワークショップのフライヤーで、西尾氏の氏名の表記に誤りがありました(誤:西尾健志/正:西尾健史)。お詫びして訂正いたします。

●第2回:2018年1月20日(土) 13:00-19:00、21日(日) 10:00-18:00
ゲスト講師:+tic
→お申込みはこちら


●第3回:2018年2月17日(土) 13:00-19:00、18日(日) 10:00-18:00
ゲスト講師:NO ARCHITECTS
→お申込みはこちら

REMIX TOWN, 2016, photo: Ai Hirano

※各回1日目の13:00-14:15に、ゲスト講師による公開レクチャーを行います。
レクチャーのみの聴講をご希望の方は、こちらのフォームからお名前の後ろに参加希望回を明記し(例:生糸太郎1)、お申込みください。

これまでの開催実績
・KIITOの空間活用実験 開催概要レポート
・セルフ・ビルド・ワークショップ「余白不動産」プロジェクト 第0号物件 YOHAKU PUB
 vol.1:開催概要レポート
 vol.2:開催概要レポート
・セルフ・ビルド・ワークショップ「余白不動産-余白につくる小さな建築」 開催概要/レポート 1, 2, 3, 4




portrait_nishio

西尾 健史

桑沢デザイン研究所卒業後、設計事務所を経て、「DAYS.」として独立。空間をベースに机と作業場を行き来しながら家具、インテリアのデザイン、及び自身での制作を行っている。

portrait_plus-tic

+tic

+ticは、鈴木知悠と鈴木陽一郎の2人によって構成される設計事務所。建築設計を中心に、ものづくり、まちづくりとプロジェクトベースに活動。現在は浜松市中心市街地にて、5つの場所を実験的に管理運営している。

Exif_JPEG_PICTURE

NO ARCHITECTS

建築家。西山広志(1983年大阪生まれ)と奥平桂子(1983年神戸生まれ)による共同主宰。2009年、神戸芸術工科大学大学院修士課程を共に修了し、nishiyamahiroshiokudairakeikoとして活動を開始。2011年、大阪市此花区への事務所移転に伴い NO ARCHITECTS に名称変更。2012年-14年、神戸芸術工科大学 非常勤講師(西山)。現在、建築をベースに、設計やデザイン、インスタレーション、ワークショップ、会場構成、まちづくりなど幅広く活動中。

portrait_kawakatsu

川勝 真一

1983年生まれ。京都工芸繊維大学大学院博士後期課程在籍。京都造形芸術大学および京都精華大学非常勤講師。2008年に建築的領域の可能性をリサーチするインディペンデントプロジェクトRAD(Research for Architectural Domain)を設立。建築の展覧会キュレーション、市民参加型の改修ワークショップの企画運営、レクチャーイベントの実施、行政への都市利用提案などの実践を通した、建築と社会の関わり方、そして建築家の役割についてのリサーチをおこなっている。

ページの先頭へ戻る