chibikkobe2016_town-ws01-(73)

ちびっこうべ2016 まちづくりワークショップ「ちびっこ元町映画館をつくろう!」レポート

2016年10月1日(土)

ちびっこうべ2016まちづくりワークショップ「ちびっこ元町映画館をつくろう!」を開催しました。

講師に、神戸・元町商店街の『元町映画館』の林 未来さん宮本 裕也さんにご協力いただき、まちの中の楽しみの場を担う小さな映画館を、子どもたちと一緒につくりました。

chibikkobe2016_town-ws01-(79)

はじめに、映画館ってどんなところ?というおさらいから。今回参加の子どもたちも、週末にはよく家族で映画を見に行くということで、楽しい思い出をたくさん話してくれました。このワークショップに申し込みをしたのも、自分もよく知っている「映画館」をつくる!というところに、魅力を感じていたようでした。

講師のお2人からは、子どもたちのなじみが深いシネコンとミニシアターの違いや、いま人気の4DX演出についてなど、映画館にまつわるさまざまなお話をいただき、今回つくる映画館はどんな映画館にしたいかを、子供たちと話し合いながら進めていきました。

まずは、2つのチームに分かれて、映画館のハコづくり。映画館の機能をつくる班と、看板をつくる班に分かれます。

chibikkobe2016_town-ws01-(142)chibikkobe2016_town-ws01-(202)

映画館の機能をつくる班は、映画館には何が必要?というところから考えていきました。映画館は暗い空間でないといけないという意見や、受付でチケットを販売すること、イスに番号がついていて、チケットを買った人がそれを見て座れるようにすることなど、実際に映画館に行ったときのことを思い出しながら、必要なものを準備していきます。

暗幕をはったり、椅子を並べたりという作業を進めていくと、小さくても立派に映画館らしくなりました。驚いたのは、この「全自動チケットマシーン」。マシーンの後ろに、ちびっこ映画館スタッフがひかえていて、お客さんが来たら、マシーンの取り出し口からするするとチケットを差し込み出してくれるという仕組み。取り出し口には、アルミホイルの箱についているカッターを代用。ちょっとした工夫も光っていました。

chibikkobe2016_town-ws01-(301)

看板チームは、映画館の楽しい娯楽のイメージを大切に、大きくてカラフルな看板をつくりました。映画を見るときにはジュースやお菓子は欠かせない!ということで、立体のモチーフも作り、さらに雰囲気を盛り上げていました。

chibikkobe2016_town-ws01-(268)

映画館ができてきたら、映画の上映をさらに盛り上げるための、「演出方法」を考えます。 つまり、いま人気の「4DX」を子供たちの演出でやってみようというもの。お客さんに、作品をより効果的に楽しく見てもらうために、上映作品をチェックして、その演出方法を考えます。ストーリーをしっかり読み解き、何を伝えたいのかを理解しなくてはならないため、子どもたち同士の話し合いも白熱します。

雨のシーンでは、霧吹きを使って会場内に雨を降らしたり、大きな音が鳴るシーンには、映画館の外から手作りの小道具で大きな音を出してみたりと、映像体験をよりリアルにするための方法について、意見を出し合いました。
また、映画の上映中だけではなく、その前後の挨拶で上映中のマナーについて呼びかけるべき、という意見が出たり、足元が暗くて危ないので、誘導灯をつけたいなど、お客さんのための細かな気配りまで考えていました。

chibikkobe2016_town-ws01-(320)

演出する方法を決め、タイミングを確認して練習をしたら、いよいよお客さんを入れて上映開始です。記念すべき初のお客さんは、ちびっこうべサポーターのみなさん。
はじめての映画上映は、段取り通りに行かないところもあったり、練習した演出のタイミングがわからなくなってしまったりというシーンもありましたが、自分たちでつくった映画館を、スタッフとして思い切り楽しんでいる様子でした。

chibikkobe2016_town-ws01-(356)

このワークショップでつくったちびっこ元町映画館は、まちオープン当日も運営されました。まちオープン中はお店がたくさんあるため、映画館のスタッフは、上映作品の看板やチラシを制作してPRも積極的に行い、まちの「楽しみ」の場をしっかり盛り上げました。そのかいもあり、映画館内の座席が8席のところ、なんと立ち見のお客さんが出るほどの人気スポットに。1回の上映に20人ほどのお客さんが入っていました。

ck_open02_KinugasaNatsumi-(275)

今回、元町映画館のお2人にご用意いただいた上映作品は、観た後に、ちょっと大人なストーリーの、観賞後に少し考えを巡らせるような4つの作品。お客さんとして訪れた子どもたちが、観賞後「あれってどういう意味?」「心の中ってことじゃない?」などと議論をしている様子が印象的でした。今は全部を理解できなくても、何か大切な記憶として持ち帰っていたら、子どもたちが映画館スタッフとして映画館を立ち上げ、運営を頑張った甲斐があったのではと思います。

ck2016_open02_MorimotoNatsumi-(305)

上映作品はこちら
『BoNES』
https://www.youtube.com/watch?v=ZVFbfByTXAs

『メラン&コリー』
https://www.youtube.com/watch?v=Bz6Wr0EkmGc

『東京コスモ』
https://www.youtube.com/watch?v=3SEXokSxZBI

『KUROKO』
https://www.youtube.com/watch?v=RTkGe69XNgY

ちびっこうべ2016 開催概要はこちら
「ちびっこ元町映画館をつくろう!」開催概要はこちら