ちびっこうべ8班シェフワークショップ②@コムコカ

ちびっこうべ8班のシェフチームワークショップ2回目を開催しました。このチームの講師は北野にある「コムコカ」の古賀智晶さんです。メニューはバインセオというベトナムのお好み焼きです。

前回バインセオの作り方をしっかり学んだので、今日は早速自分たちで作っていきました。小麦粉、米粉、ココナッツジュース、水、ターメリックをボウルで混ぜます。しっかり混ざったら、熱したフライパンに油をひき、先ほどの生地を流し込みます。フライパンを回しながら生地が均等になるようにならします。家で練習したメンバーもおり、上手にできていました。次に事前に古賀さんが準備してくれた炒めた野菜を生地の半分にのせます。しっかり生地が焼けたら半分に折りたたみます。この作業が少し難しいようでしたが、みんな何とか折りたたむことができました。

次は前回のソースづくりを参考に、本番での販売を目指し、オリジナルソースを考えました。女の子はマヨネーズとトマトケチャップをベースにしたソースを、男の子はお好み焼きソースをベースにしたソースが出来上がり、意見が割れてしまいました。そこで古賀さんから両方あってもいいのではないか、お客さんに選んでもらおうということなりました。こどもたちが考えた各ソースをもとに古賀さんに微調整していただき完成させていただきます。

本番では1日に100食以上作らなければいけないので、しっかり家でも練習し、作業工程をしっかり頭に入れるようにと古賀さんからありました。たくさんの人にベトナム料理を知ってもらえるよう頑張りましょう。