ちびっこうべ2班シェフワークショップ②@アノニム

ちびっこうべ2班のシェフワークショップ2回目を開催しました。このチームの講師は県庁前にある「アノニム」というフレンチの加古拓央さんです。メニューは「チキンカツとフライドポテト」です。

前回はチキンカツを学んだので、今回はフライドポテトづくりを学びます。まずはジャガイモの皮むきです。ピラーを使って行います。ジャガイモは形がいろいろで意外と難しいです。加古さんはあっという間に皮をむいてしまうのですが、こどもたちはとても時間がかかってしまいました。何とか全員ジャガイモの皮むきが終わり、包丁で食べやすいサイズにカットします。みんな包丁は慣れているようでした。

次は揚げる工程です。熱した油に先ほど準備したじゃがいもを入れていきます。ここで注意点です。油がはねないようにジャガイモを半分程度油に入れたから放します。そうするこで油がはねる心配はありません。あとは揚がる音の大きさで完成が分かります。はじめはパチパチ大きな音がしていますが、だんだん小さくなります。小さくなったら揚がった合図です。

フライドポテトを取り出し、ボウルに入れ、塩をかけます。塩加減はそれぞれの感覚でかけてきます。加古さんが準備してくれたチキンカツと揚げたてのフライドポテトをお皿にもり、ケチャップを添えて完成です。フライドポテトの塩加減も確認しながら試食をしました。みんなちょうど良くできたようです。本番も丁寧に揚げていきましょう。