NEWS NEWS

2020/8/17

REPORT

パンじぃスキルアップ講座 レポート

2015年に「LIFE IS CREATIVE展」の一環として開催された「男・本気のパン教室」からスタートした「パンじぃ」プロジェクト。「パンじぃ」は、高齢者男性が神戸のパン職人から本気でパンづくりを学び、その技術を家族や地域のために活かし、活躍しているチームです。家族に振舞うだけでなく、地域イベント出店も行い、毎回人気を博しています。現在は、神戸市だけでなく他府県でもチームが作られ、広がりを見せています。神戸のパンじぃたちは、日常から家庭でパンづくりをしたり、特訓を重ねたりすることで、パンづくりの技術の向上に取り組んでいます。定期的に新メニューも担当シェフから指導いただき、レパートリーも増えていっています。
今回は2015年から活動をしている1期生向けに「オレンジピューレのフォカッチャ」というメニューを学びました。また、オレンジピューレやジャムのつくり方も教えていただきました。講師は北野の「サ・マーシュ」のオーナーシェフ、西川功晃さんです。毎回スキルアップ講座として新メニューを西川さんのお店で学んでいますが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今回は映像でまとめ、各自自宅で取り組んでもらうことにしました。西川さんから直接の指導ではないため、工程についての詳しいサポートや、材料や生地の状態などを直接確認することができず、難しい課題だったようです。
メンバーから、レポートとして作業の様子や完成したパン、ピューレ、ジャムの写真などを送っていただきました。今までのレシピとは異なり、体力を使うので、大変な工程だったようですが、オレンジの香りが部屋に広がり、家族からも美味しいと喜んでいただけたそうです。早くメンバーで集まってパンづくりがしたいという声も上がり、気づいたら月10回以上家でパンをつくっていた、というお話も。イベント出店やメンバーで集まっての特訓をまた実施できることを願っています。

パンじぃスキルアップ講座映像「オレンジピューレとジャムのつくり方」

パンじぃスキルアップ講座映像「オレンジピューレのフォカッチャのつくり方」


パンじぃレポート写真