お知らせ・レポート

レポート

「the nanugi 分かち合いのデザイン展」オープニングセレモニー レポート

2017年2月17日(金)

「the nanugi 分かち合いのデザイン展」のオープニングセレモニーを開催しました。本展覧会は、神戸市と親善協力都市提携を結ぶ韓国大邱広域市にある大邱慶北デザインセンターで行われている、地域や企業との連携から廃材に新たな付加価値を生み出し、さらにその利益を地域雇用などへ還元する取り組み「the nanugi」の紹介を目的に開催しています。


セレモニーには韓国大邱広域市の權泳臻市長、大邱慶北デザインセンターの金勝燦院長、神戸市の久元喜造市長、デザイン・クリエイティブセンター神戸の芹沢高志センター長が出席。両市長は「この展示をきっかけに友好関係がますます活発になることを願っている」と述べられました。最後には展示会場の前でテープカットが行われ、内覧会がスタートしました。



会場には、「the nanugi」の商品にも使われている、廃素材を使った大きなインスタレーションがあります。周囲には商品を作る様子の写真、その奥には実際の商品を18種類展示しています。展示しているスリッパやカバン、財布などを配置し、全て、衣類やカバン、ブラインドなどの不用になった素材からつくられています。中央にはアップサイクル商品が生まれるきっかけとなったカラフルなスリッパ、その名も「チグハグ・ファッション・スリッパ」を展示。素材の状態から完成品まで、製造のプロセスの順を追って展示しています。


「the nanugi 分かち合いのデザイン展」はデザイン・クリエイティブセンター神戸2FギャラリーCにて3/5(日)まで開催しています。ぜひお越しください。


「the nanugi 分かち合いのデザイン展」開催概要はこちら

2017.3.1

ページの先頭へ戻る