お知らせ・レポート

レポート

協力催事「男・本気のパン教室、シルバーカレッジ」3日目 レポート

2017年3月24日(金)

スタッフが到着するとすでにメンバーの皆さんはスタンバイOKのようです。
今日は本番ですので、焼きあがったものを施設にプレゼントすることになっています。
ということで、これまで焼き上がって終了だった工程に、パンをプレゼント用に袋詰めして段取りが追加というミッションが追加されます。
包装については2日目までで予行演習済みなので、あとはちゃんとパンを焼きあげるだけ!
気合いを入れて、目標時間に向けて作業開始!さぁ、頑張りましょう!


さて、張り切って最終計量です。今まで数々失敗してきた難関の「牛乳と玉子の計量」です。若干怪しい一幕はあったものの、みんなでチェックしあおうという気持ちで何とかミスをせずにクリア。後は全部材料を入れて捏ねるだけです。
本番の今日は、これまでの倍量の生地を捏ね上げることになっていました。少し量が増えて勝手が違うので、皆さん少し不安げに「これでいいのかな?」と声が上っていました。シェフが一人ずつチェックして回られ、疑問点をすぐに解決してくださいました。皆さんはアドバイスを聞くとまっすぐに取り入れてくださるので、米山シェフも「皆さんまっすぐな方ばかりですね。すごく素直に私の話や意見を聞いて下さるので助かりますし、こちらも勉強になりますよね」と仰っておられました。
チームワークも素晴らしく、作業の合間に片付けも率先してお手伝いくださり、予定以上に非常にスムーズに作業が進んでいきました。生地を丸め終わったら、それぞれ他のチームの見学をして「やっぱりXXXXさんの丸めはキレイや、さすがやな~」と感想や気になった点を話しておられ、本当に皆さん勉強熱心でした。待ち時間に「クリームパンってどうやって作るの?」とか、すでに次回作への意欲あふれるご質問があり、これから皆さんがどんなパンを焼かれるのかとても楽しみです。
順調に焼成まで進んで、オーブンから出てくる焼き立てパンたちに、あちこちで「やったー」と拍手と歓声が上がっていきました。
実際、予想より早く焼きあがったので、試食しながら皆さんそれぞれの参加する前と今の感想や、今後の抱負などを伺いました。初めてのパン作り、戸惑われたことも多かったと思いますが、皆さんとても前向きに取り組んでくださり、最後には「あんなパン焼けるかな?」とか「孫にキャラパンを焼いてあげよう!」とか「家では料理とかしないから、うちにパン持って帰ったら「こんなことできるの?!」って家族にビックリされちゃったよ。」とか、嬉しいお話を沢山頂きました。
そこで、参加者のお一人の奥さまで、なんと米山シェフよりパン作り歴が長い方もおられるというお話がありました。メンバーの方がその奥さまにキャラクターパンの作り方を聞いてみたというお話があって、シェフがボソッと「僕が作り方教えてほしい(笑)」と話される一幕もありました。


軽く現場を片付けてから、パンを袋詰して、みんな揃ってパンをグリーンホーム平成さんまでお届けに上がりました。
まず、センター長さんから施設の概要や利用者の方の様子などのご説明を頂きました。利用者のみなさんが、数日前からパンが届くのを楽しみにしておられることなどを伺って、まだほんのり温かい焼きたてパンを前に、メンバーの皆さんも「焼いてきてよかった。喜んでもらえるといいな」とワクワクの表情でした。
ささやかに贈呈式の後、みんなでニコニコ記念撮影をお願いしました。満面の笑みでパチリと集合写真を撮影の後、作業中の利用者の方々のお邪魔にならないよう静かに退出して、カレッジに戻って最後の締めくくりとなる片付をしました。


最終日、焼き上がった後の振り返りの時間に、カレッジ側から「皆さんの表情や焼きあがったパンを見て、やってよかった、成功だったと思います。この経験を是非ご自身の身の回りや、コミュニティーで役立てて頂きたいと願っています。」と嬉しいコメントを頂戴できました。
オーブンのドアを開け、焼きあがったパンを出してきた時の歓声と嬉しそうな表情、伝わってくる達成感は、本人だけでなくて周りも嬉しくしてくれるものです。ご自宅でメンバーの皆さんがそれぞれ思い思いにパンを焼いてくだされば、きっと周りの皆さんにその嬉しそうな雰囲気が伝わって、御本人の技術が上がるだけでなく、「おじいちゃん、すごい」とか、「XXさん、パン焼けるなんてすごいね。かっこいい。」とか、「XXさんみたいに自分もチャレンジしたい」と、大きく小さく「やればできる!」の輪が広がるかな…そんなことを願い想像しつつ、第3期のプログラムは終了しました。


次回またご一緒出来る機会がもてますように! チャレンジを続けてくださいますように!

最後になりますが、会場を提供頂きましたシルバーカレッジのみなさま、お声がけくださいました事務局・カレッジマネージャーの糸原さん、事務局の大西さん、講師として熱心にご指導くださいました米山シェフ、ご参加下さった3期生のみなさま、本当に3日間ありがとうございました。

取材・編集:阪口理恵

2017.4.18

ページの先頭へ戻る