スケジュール

MUJI+クリエイティブゼミ「いつものもしも考」成果展示

展示

日 時
2016/3/26(土)-6/5(日) 9:00~21:00
場 所
ギャラリーC  
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸
協 力
株式会社良品計画

成果報告冊子   http://kiito.jp/project/files/2016/04/muji_itsumonomoshimo.pdf 



MUJI+クリエイティブゼミの参加者が無印良品の商品をリサーチし考えた、災害時における新しい使い方のアイデアを、イラストに起こし展示します。楽しい「いつものもしも」のアイデアを展示・紹介します。

無印良品は、2008年より防災プロジェクト「いつものもしも」を始め、ふだん使いできる物を防災用品として提案してきました。防災の大切さを知るきっかけが、被災する事であってはならない。いつものもしもは、1人でも多くの方の防災を始めるきっかけになりたいと思い、活動を続けてきました。2015年3月、新しい試みとして、防災について語らう場をKIITOに作りました。それも、主に防災の専門家ではない方々が集まる場所。そこから、防災を自分ごととして考えはじめた方々の、純粋で強く、楽しい「いつものもしも」のアイデアが生まれました。これらの新しいアイデアを活用しながら、防災に取り組む人の輪を広げて行きたいと思います。

様々な社会の課題に対して、市民とともにクリエイティブな視点でもって、その解決を目指すデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)のプログラム「+クリエイティブゼミ」。MUJI+クリエイティブゼミ「いつものもしも考」は、無印良品とともに、備えは日常の中にあることが大切であり、それらを普段から使いこなせていることが本当の防災力につながる、という考えをもとにスタートしました。ふだん使いできるモノの災害時における使い方を考え、「モノの見方」を再考する力を養うことを目的としたこのゼミ。そこから生まれた「新しいこと」「新しいもの」そして「新しい使い方」の3種類のアイデアたちが、少しでもこの冊子を手にとった方の「もしも」を考えるきっかけになればと思います。


ss_IMG_9949 ss_IMG_9995

ss_IMG_9949 ss_IMG_9995




※アイデアは、必ずしも安全・効果を検証したものではありません。実行する場合には各自にて安全を充分に配慮いただきますようお願いします。
 なお、このアイデアの実行を起因とする怪我や事故、商品不具合についての補償はいたしかねますことをご了承ください。

ページの先頭へ戻る