スケジュール

「るろうにほん 熊本へ」写真展 神戸

展示

日 時
2018/3/24(土)-4/1(日)(3/26休廊) 11:00-18:00
場 所
ギャラリーB  
主 催
熊本市、デザイン・クリエイティブセンター神戸
協 力
Re:S(りす)

俳優・佐藤健と熊本県内各地での魅力あふれる人々との出会いを通して、守るべき日本の伝統文化と、そしてその未来について考える「るろうにほん 熊本へ」。同書収録のオリジナル写真の展覧会を開催いたします。
熊本のおいしい食べ物や素敵なお店、美しい風景の写真はもちろん、震災直後の熊本城や阿蘇神社などを佐藤健がロードムービー的に巡る写真から、熊本のいまに思いを馳せていただければと思います。
また展覧会初日には「るろうにほん 熊本へ」の旅のコーディネートや編集原稿執筆を担当された有限会社りす(KIITOクリエイティブラボ入居)代表の藤本智士さんをはじめ、ブックデザインを担当された堀口努さん、そして写真撮影を担当された清永洋さんの3人を迎え、写真×デザイン×編集についての鼎談を行います。

《関連企画》「るろうにほん 熊本へ」写真家×デザイナー×編集者の鼎談開催!
「るろうにほん 熊本へ」の旅のコーディネートや編集原稿執筆を担当された有限会社りす(KIITOクリエイティブラボ入居)代表の藤本智士さんをはじめ、ブックデザインを担当された堀口努さん、そして写真撮影を担当された清永洋さんの3人を迎え、写真×デザイン×編集についての鼎談を行います。
Re:Sの藤本さんと、デザイナーの堀口さんは、雑誌「Re:S」、秋田県発行のフリーマガジン「のんびり」、その他「ニッポンの嵐」など数々のお仕事をご一緒されています。また撮影者の清永洋さんは唯一東京在住ながら、雑誌「Re:S」をはじめ長くお二人とお仕事をされています。旧知の仲のお三方に、一冊の本がどのように作られていくのか? その現場のさまざまをじっくりお話いただきます。

|タイトル|りすの編集デザイン撮影ろん
|日時|2018年3月24日(土)16:30~18:00
|場所|展覧会会場(1FギャラリーB)内にて
|主催|熊本市、デザイン・クリエイティブセンター神戸、有限会社りす
|講師|藤本智士(編集者)、清永洋(写真家)、堀口努(アートディレクター、デザイナー)
|参加|無料
|定員|30名程度(事前申込不要)

※同日館内で開催する「オープンKIITO 2018」連携企画として開催いたします。



121202 Res

Re:S

Re:S(りす)は「Re:Standard=あたらしい“ふつう”を提案する」をコンセプトに、さまざまな活動をつづける編集事務所です。雑誌や書籍の編集はもちろん、イベントや展覧会の企画運営、その他プロダクトのプロデュースやアートディレクションなど、その真ん中に『編集』を据えて、ものづくりをしています。僕たちは編集の力を信じています。そしていまの日本に必要な力が編集というものにあると感じています。ぜひ僕たちとともに、あたらしい“ふつう”を提案してみませんか?

420

藤本 智士

有限会社りす代表
編集者

1974年兵庫県生まれ。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。自著に『魔法をかける編集』(インプレス)、『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共にリトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。
twitter @Re_Satoshi_F

180307_清永洋

清永 洋

写真家

1975年、福岡県出身。2003年に写真家として独立。東京を活動拠点として、『OZmagazine 』(スターツ出版)、『リンネル』(宝島社)、『LEE』(集英社)などの雑誌やWEBなどさまざまな媒体で活躍中。

horiguchi_underson

堀口 努

アートディレクター、デザイナー

1969年生まれ。大阪在住。undersonという屋号のもと、いつの時代にも普遍的なものをつくることを大切に、さまざまなエディトリアルデザインを手掛けるデザイナー。『ニッポンの嵐』『東郷青児~蒼の詩~永遠の乙女たち』『鈴木悦郎 詩と音楽の童画家』『京都の凸凹を歩く』など手掛けた書籍多数。

ページの先頭へ戻る