SCHEDULE SCHEDULE

2018/11/20 Tue - 2019/1/6 Sun

EXHIBITION

神戸スタディーズ#6「“KOBE”を語る GHQと神戸のまち」展示

神戸スタディーズ#6「“KOBE”を語る GHQと神戸のまち」展示

第二次世界大戦後、占領下の神戸のまちは、どのような姿をしていたのか?
写真や映像、地図、人々の記憶から読み解きます。

戦前から戦後、そして現在へと続く神戸の暮らしの中で、まだ知られていないことが多いGHQ(General Headquarters=連合国占領軍)占領期。神戸スタディーズ#6「”KOBE”を語る GHQと神戸のまち」(2018年1月開催)では、レクチャーと公開ヒアリングを行い、この時期の神戸の記録と記憶に触れました。開催時には、占領期の神戸を記録した写真や地図などのイメージも示され、当時のまちを知り、そこでの暮らしに想像をめぐらせる大きな手がかりになりました。
本展では、同企画で紹介しきれなかった写真、関連映像、地図などを中心に、新たに借り受けた史料もあわせて展示いたします。GHQ占領期の神戸の暮らしについて、一層の理解を深める機会となれば幸いです。

参考:
神戸スタディーズ#4「”KOBE”を解す―せめぎあいにみる神戸の都市史」 http://kiito.jp/schedule/lecture/articles/22697/
神戸スタディーズ#6「”KOBE”を語る―GHQと神戸のまち」(レクチャー、公開ヒアリング) http://kiito.jp/schedule/lecture/articles/25932/

【関連イベント】
スライドトーク「収集家・研究者と見る占領期神戸の写真」

本展示の企画監修者である村上しほりさんと、本企画において多数の写真資料をご提供いただいた衣川太一さんが、占領期神戸の写真を一緒に見ながら、写された場所はどこなのか、何が読み取れるのか、あれこれ語り合います。

日時・会場:2018年12月1日(土) 14:00-16:00 会場内にて(予定)
出演:衣川太一(写真収集家)、村上しほり(都市史研究者)
参加無料、定員30名(申込制、先着順)
参加ご希望の方は、下記のページからお申込みください。
http://kiito.jp/schedule/event/articles/30914/

場 所
ライブラリ
企画監修
村上しほり
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸
協 力
衣川太一、神戸市文書館、JSPS科研費 若手研究(B)「占領期神戸における都市空間の変容過程に関する研究」(16K21163,代表者:村上しほり)

スケジュール一覧