スケジュール

未来のかけらラボ トークセッション vol.12「〈小さい交通〉は都市再生の鍵」

レクチャー

日 時
2018/7/19(木) 19:00-20:30
場 所
カフェ  
講 師
大野秀敏(建築家・都市構想家、博士(工学)東京大学名誉教授)
モデレーター:芹沢 高志(デザイン・クリエイティブセンター神戸 センター長)
参 加
有料 500円 (1ドリンク付き)
定 員
40名
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸

移動できることは人間の自由を実現する上において衣食住とともに欠かせないものです。現代社会では、「遠くに、速く、大量(の人間や荷物)を」運ぶ〈大きい交通〉が追求されてきました。しかし、低炭素社会を目指し、高齢化・人口減少社会に直面する〈縮小都市〉では、〈大きい交通〉だけでは不都合をきたす地域や人々が増え続けています。また高齢社会では歩ける都市が苦痛な人も増えます。21世紀の都市には「近くに、ゆっくり、少量を」運ぶ〈小さい交通〉の役割が重要になります。
この講座では〈小さい交通〉の実例の紹介、都市の中での役割や長所、そして小さい交通を受け入れるためには都市はどのような態勢を整えなければならないかをみなさんと一緒に考えたいと思います。

本イベントの申込みについて
下記「申込む」ボタンをクリックして、申込フォームに必要事項を記入してお申込みください。

apply

※申込受付期間が本ウェブサイトのメンテナンス期間にかかる見込みのため、本イベントの申込受付はGoogleフォームにて行います。

 

ohnohidetoshi_s

大野 秀敏

建築家・都市構想家、博士(工学)東京大学名誉教授

1949年岐阜市生。1975 東京大学大学院修了後株式会社槇総合計画事務所勤務を経て1983より2015年まで東京大学で研究教育に従事。主な著作に『ファイバーシティ 縮小時代の時代の都市像』(2016、東大出版会)。建築作品と受賞:NBK関工園事務棟・ホール棟、YKK滑川寮、旧門司税関改修、鵜飼い大橋、フロイデ彦島、YKK健康管理センター、東京大学数物連携宇宙研究機構棟、はあと保育園などで日本建築学会賞(作品)、JIA新人賞、日本建築学会作品選奨、建築業協会賞、BELCA賞、土木学会田中賞など。

message-serizawa

芹沢 高志

デザイン・クリエイティブセンター神戸
センター長

1951年東京生まれ。神戸大学理学部数学科、横浜国立大学工学部建築学科を卒業後、(株)リジオナル・プランニング・チームで生態学的土地利用計画の研究に従事。その後、東京・四谷の禅寺、東長寺の新伽藍建設計画に参加したことから、89年にP3 art and environmentを開設。99年までは東長寺境内地下の講堂をベースに、その後は場所を特定せずに、さまざまなアート、環境関係のプロジェクトを展開している。帯広競馬場で開かれたとかち国際現代アート展「デメーテル」総合ディレクター(02年)、アサヒ・アート・フェスティバル事務局長(03~16年)、横浜トリエンナーレ2005キュレーター、別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」総合ディレクター(09年、12年、15年)などを務める。2014年、さいたまトリエンナーレ2016ディレクター。

ページの先頭へ戻る