スケジュール

ちびっこうべレクチャー 名古屋「だがねランド」に学ぶ 子どものまち

レクチャー

日 時
2014/4/18(金) 18:30-20:30(18:00より受付開始) ※終了後、交流会を実施
場 所
303  
講 師
近藤 亜弓(名古屋都市センター 企画課)
曽我部 昌史(神奈川大学工学部建築学科教授、みかんぐみ共同主宰)
参 加
無料
定 員
50名(事前申込制、先着順)
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸
レポート
http://kiito.jp/news/report/2014/05/20/7161/

2012年にデザイン・クリエイティブセンター神戸にて開催した子どもたちの夢のまちCREATIVE WORKSHOP「ちびっこうべ」。その第2回目が今年の10月に開催されます!
そこで、ちびっこうべを一緒に運営することに関心のある方の学びの場として、各地で子どもに関わる企画に携わるゲストを招き「ちびっこうべレクチャー」を実施します。
今回のレクチャーは、今年で9回目の開催を迎える、”子どものまち”づくりの先進事例である、名古屋の「だがねランド」の企画担当者・近藤亜弓氏と、そのまちづくりワークショップを担当してきた建築家・曽我部昌史氏をゲストに迎え、子どもたちを主体にした“まち”のつくり方のノウハウを学びます。
毎年開催してきた経験から、事前ワークショップの組み立て方、まちの仕組みのつくり方、また名古屋に定着していった「だがねランド」の成り立ちをお話しいただきます。

▼「だがねランド」に関してはこちら
http://www.daganeland.com/

▼2012年に開催した「ちびっこうべ」に関してはこちら
http://kiito.jp/chibikkobe/

近藤 亜弓

名古屋都市センター 企画課、「だがねランド」担当

1992年より(財)名古屋都市センター企画課勤務。2005年に開催した「30年後の都心を考えるワークショップ」を機に子どもに向けた「まち」学習を始める。構築環境としての「まち」を学ぶプログラムとして「だがねランド」事業の整備を行って今年で9年になる。夏休み1ヶ月をかけて行う「子どものまち”だがねランド”」はその事業の中心である。第3回キッズデザイン賞(2009)、日本建築学会教育賞(2011)教育貢献、JIAゴールデンキューブ賞(2011)特別賞等。

130902 曽我部 昌史

曽我部 昌史

神奈川大学工学部建築学科教授、みかんぐみ共同主宰

1995年みかんぐみ共同設立。設計だけでなく、ワークショップの企画運営や評論の執筆、アートプロジェクトなど、多彩な活動を展開。主な作品に、「北京建外SOHO低層商業棟」(2003)、「2005年日本国際博覧会トヨタグループ館」(2005)、横浜市の京急高架下文化芸術活動スタジオ「黄金スタジオ」(2008)、「BankARTLife-新・港村」(2011)、「EARTH MANUAL PROJECT展」(2014)の会場構成なども手掛ける。

ページの先頭へ戻る