SCHEDULE SCHEDULE

12/15 Sat

LECTURE

Designers 18 写真家として生き残るため 何が必要と思ったのか?

Designers 18 写真家として生き残るため 何が必要と思ったのか?

あなたが一歩すすむトークイベント

TRITON GRAPHICSの松岡賢太郎氏をインタビュアーに迎え、デザイントークイベント「designers16,17,18」を開催します。強力なライバルが多い業界の中で生き残るために必要なことは、周りの人と違うことをし「抜け出すこと」が大切だと松岡氏は考えます。今回のトークイベントに登壇する方々も建築、プロジェクト創出、写真といった強力なライバルが多い分野の中、日々戦っています。彼らもさまざまな仕事で成果を残し続けなければ、業界で生き残ることができません。生き残るための条件は一つ。それは他の人と違うことをし、抜け出すこと。そのためにスキルや経験はもちろん、まず何よりも必要なのは勇気です。他の人と違うことをする勇気は、間違いなく新たな価値を生み出します。それぞれの分野の第一線で活躍する彼らをゲストに迎えて、周りから一歩抜け出すこと、そのために少しの勇気が必要だということを実践してきた方々からお話を伺います。

写真家として生き残るため 何が必要と思ったのか?

デジタルカメラやフィルムカメラを問わず、様々な技法を使って撮影を行い独特な雰囲気のある写真を撮影しファッション誌や広告など幅広い分野で活躍する横浪修氏と、世界中を旅しながら現地のアーティストの日常を綴る「STUDIO JOURNAL KNOCK」を発刊している西山勲氏のお二人をお迎えし、写真家として生き残るため必要なマインドや技術。独創的な作品づくりやメディア立ち上げに至った経緯などをお話いただきます。また、写真やデザインの未来についてお二人の考えを伺います。

Designersとは
KIITOで2013年より開催しているデザイントークイベント。デザインに関わりながら、幅広い活動を展開する方々をゲストにお招きし、仕事の紹介やその進め方、デザインに対する考え方や今後の活動についてなどを、ゲストと馴染みの深いインタビュアーとの対話を通して紐解いていきます。

  
これまでの開催風景

申込受付中!
※画像より、詳細・お申込ページへリンクします。


Designers 16 独創的なアイデアを生むために 何を実行したのか?
ゲスト|谷尻 誠(SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同代表))
日 時|2018/11/24(土)18:00~開演 /19:30~交流会


Designers 17 B面チームを作った理由と世の中のチームとの違いは?
ゲスト|倉成 英俊(電通B チームリーダー)
日 時|2018/12/1(土)18:00~開演 /19:30~交流会

日 時
2018/12/15(土)18:00~開演 /19:30~交流会
場 所
ギャラリーC
ゲスト
横浪 修(写真家)
ゲスト
西山勲(写真家・デザイナー)
進行
松岡賢太郎(TRITON GRAPHICS)
参 加
1,000 円
定 員
100名 ※要申込み、先着順
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸

申し込む

スケジュール一覧