スケジュール

KIITOアーティスト・イン・レジデンス 柴 幸男+ NO ARCHITECTS ワークショップ「まち歩きでつくる小説と地図」

ワークショップ

日 時
2015/3/14(土)-15(日) 13:00-18:00
場 所
303  
講 師
柴幸男(劇作家・演出家/ままごと主宰)
NO ARCHITECTS(建築家)
参 加
無料
定 員
20名
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸

各線三宮駅からKIITOに向かう道中、ビルがたくさん建っていて親しみを感じにくく、距離を感じている方が多いのではないでしょうか。ですが視点を変えることで、まちへの見方や接し方が変えられるかもしれません。本ワークショップでは、演劇をより身近な存在にすることをめざす劇団「ままごと」主宰の柴さんとともに、三宮を舞台とする小説を作ります。
神戸にゆかりを持ち、誰もが「居場所」としての建築を作るための機会を生み出してきた建築ユニット「NO ARCHITECTS」のお二人をコラボレーターとして迎え、二組の作家の視点を交えながら、一緒にまち歩き。その後、みんなの気づいたことやキーワードをひとつの地図に集め、それらを使って短い小説を作ります。
ワークショップの成果は、柴さんにより後日制作される、三宮を舞台とする新作戯曲に生かされる予定です。物語を生み出す手法を学びながら、まちとの新たな関わりを生み出す小説作りをしてみませんか。

■プログラム
1日目:3月14日(土)13:00-18:00
13:00- イントロダクション
14:00- まち歩き
16:00- まち歩き結果の共有とまとめ

2日目:3月15日(日)13:00-18:00
13:00- レクチャー
14:00- 地図づくり
15:00- 小説づくり
16:00- 作品の共有とまとめ

 

shibayukio

柴 幸男

ままごと主宰
劇作家・演出家

1982年生まれ、愛知県出身。青年団演出部所属。2010年「わが星」にて第54回岸田國士戯曲賞を受賞。何気ない日常の機微を丁寧にすくいとる戯曲と、ループやサンプリングなど演劇外の発想を持ち込んだ演出が特徴。全編歩き続ける芝居『あゆみ』、ラップによるミュージカル『わが星』、など、新たな視点から普遍的な世界を描く。2013年は「瀬戸内国際芸術祭」に参加し、小豆島(香川県)で滞在制作を敢行。また「象の鼻テラス」(横浜)では、パブリックスペースという特徴を生かし、流れる人と時間をそのまま劇中に取り込んだ作品づくりを行っている。

Exif_JPEG_PICTURE

NO ARCHITECTS

建築家。西山広志(1983年大阪生まれ)と奥平桂子(1983年神戸生まれ)による共同主宰。2009年、神戸芸術工科大学大学院修士課程を共に修了し、nishiyamahiroshiokudairakeikoとして活動を開始。2011年、大阪市此花区への事務所移転に伴い NO ARCHITECTS に名称変更。2012年-14年、神戸芸術工科大学 非常勤講師(西山)。現在、建築をベースに、設計やデザイン、インスタレーション、ワークショップ、会場構成、まちづくりなど幅広く活動中。

ページの先頭へ戻る