スケジュール

神戸野菜学vol.3 里芋

ワークショップ

日 時
2017/09/30(土) 15:30~18:00
場 所
カフェ  
講 師
加古憲元・加古祐樹(はっぱや神戸)、藤本圭一朗、笑福亭笑利、城田文子
参 加
2,000円(材料費、試食込)
定 員
15名
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸、はっぱや神戸

KIITO CAFEの運営パートナーである「はっぱや神戸」とKIITOが共に企画する、「旬の野菜」をテーマに、各回、料理するひと・栽培するひと・広めるひとの3人から、野菜について学ぶ「神戸野菜学」。野菜を様々な角度から学ぶことで、よりおいしく食べるための知識を深めます。


vol.3 「さといも」

縄文時代から栽培され、日本人に長く親しまれてきた里芋。昔にくらべ消費量は減りましたが、栄養価の高さなどから近年は里芋のよさが見直されてきています。
今回はその里芋の栄養や、日本各地に残る里芋にまつわる風習や行事を学び、里芋の伝統食をみんなでつくります。

①里芋の基礎    広めるひと/加古憲元・加古祐樹(はっぱや神戸)、栽培するひと/藤本圭一朗
          ~里芋落語~  楽しませるひと/笑福亭笑利
②里芋を料理する  料理するひと/城田文子
③里芋を食べる   料理するひと/城田文子




加古兄弟_s

加古憲元・加古祐樹

はっぱや神戸野菜ごはん

神戸市・小野市などの地元兵庫の農家さんの野菜が集まる神戸市北区の「はっぱや神戸野菜ごはん」を兄弟で運営しています。

vol.3_藤本圭一朗

藤本 圭一郎

元源代表

世界を旅して様々な文化や環境を体験してまわり、改めて日本の素晴らしさを痛感して
帰国後農業をしようと決心。水、土、環境にこだわり、加西市で里芋を作り始めて8年。
全国の方に知って食べてもらえる日本一の里芋農家を目指して奮闘中。

vol.3_城田文子

城田 文子

野菜を育て、味噌や醤油も手づくりするオーガニックカフェやペンションで10年ほど働いた後に独立。丹波篠山を拠点に、「一からはじまる野菜のごはん。山から。畑から。田んぼから。野菜の顔みてつくります。みんなの笑顔つくります。おいしいごはんがあればだいじょうぶ」をモットーに日々おいしいごはんをつくっています。8月から鳥取・大山の麓へ。あらたなアトリエにて料理教室などを計画中。

定員に達しましたので申込を締め切りました。

ページの先頭へ戻る