スケジュール

神戸野菜学vol.4 きのこ

ワークショップ

日 時
2017/11/26(日) 12:00~14:30
場 所
カフェ  
講 師
加古憲元・加古祐樹(はっぱや神戸)、深山陽一朗(深山農園)、吉川修司(クレイエール)
参 加
2,000円(材料費、試食込)
定 員
15名
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸、はっぱや神戸

KIITO CAFEの運営パートナーである「はっぱや神戸」とKIITOが共に企画する、「旬の野菜」をテーマに、各回、料理するひと・栽培するひと・広めるひとの3人から、野菜について学ぶ「神戸野菜学」。野菜を様々な角度から学ぶことで、よりおいしく食べるための知識を深めます。


vol.4 「きのこ」

きのこは、わたしたちにとって、身近な食材として親しまれていますが、生態などいまだに謎が多いことでも知られています。今回は、「しいたけ」「しめじ」など食用として栽培されているきのこのことを中心に、きのこの栄養や栽培について学び、種類によっての味の違いを実際に食べて知ったり、きのこの旨味を活かした保存食をみんなでつくります。

①きのこの基礎   広めるひと/加古憲元・加古祐樹(はっぱや神戸)、栽培するひと/深山陽一朗(深山農園)
②きのこを料理する 料理するひと/吉川修司(クレイエール)
③きのこを食べる  料理するひと/吉川修司(クレイエール)



加古兄弟_s

加古憲元・加古祐樹

はっぱや神戸野菜ごはん

神戸市・小野市などの地元兵庫の農家さんの野菜が集まる神戸市北区の「はっぱや神戸野菜ごはん」を兄弟で運営しています。

vol.4_深山陽一郎

深山 陽一朗

深山農園

地元兵庫は相生の湧水で育った、肉厚で、大きく、ジューシーなしいたけを
栽培しています。
「料理は、同じ空気、同じ水、同じ環境で育った素材を合わせるのが相性抜群。
兵庫県のお肉や野菜と一緒に、深山農園のしいたけをお楽しみください!」

vol.4_吉川修司

吉川 修司

クレイエール(c r e y e r e)
シェフ

兵庫県出身。「暖かい食卓。」がモットー。フレンチの有名店で修業し、現在、兵庫の食材を活かしたフランス郷土料理が食べられるワインバー「クレイエールc r e y e r e 」のシェフを務める。

ページの先頭へ戻る