スケジュール

食からはじまるライフデザイン -自然によりそう暮らし- volume.1

ワークショップ

日 時
2014/11/3(月・祝) 11:00-15:00
場 所
カフェ  
参 加
4,000円 ※講習費、材料費(Tシャツ)、ランチ代
定 員
15名(先着順、定員に達し次第受付終了)
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸
レポート
http://kiito.jp/news/report/2014/12/23/9716/

食を見つめることは、自分自身の生き方を見つめ直すことにつながるのではないかと考えます。旬のものを食べること、地域のものを選ぶこと、畑の様子や作ってくれている人を知ること・・・自然を感じながら食べるものや手にするものを選ぶことは、私たちの体と心を健康的につくり整えてくれます。

「食からはじまるライフデザイン」シリーズでは、自然の恵みをいただきながら都市で生活する私たちが、食を通じて自然に寄り添う、こころ豊かな暮らしを楽しくデザインしていくきっかけになればと思っています。


volume:1 土の下を食べる、土の上で染める

第1回目は、旬の食材を楽しく美味しく食べること、その野菜の葉っぱから根っこまでを使うことで食べ物の旬と自然のつながりを感じれたらと思います。

「一物全体(いちぶつぜんたい)」という言葉は、丸ごと食べることで栄養もエネルギーも全ていただくことができるという意味です。今回は土の下に育つ野菜を美味しく食べて、土の上の葉っぱの部分で染めることで、食と衣で一物全体、丸ごと恵みをいただきます。

【ワークショップの内容】※予定
11:00~ 食と暮らしのつながりについて、染色の手順説明
12:00~ ランチ(土の下を食べる)
13:00~ Tシャツの染色(土の上で染める)

※ワークショップ内で、Tシャツを染色しますので、汚れても良い服装でご参加ください。
※染色するTシャツのサイズを下記のサイトからサイズを参照し、申込みの際にご希望のサイズをフォームよりお選びください。
http://t-galaxy.com/shop/item_sustainable_muji.html
・Tシャツサイズ:XS/S/M/L/XL/レディスM
・オーガニックコットンTシャツ(白)を使用します

141007 徳力弥生

徳力 弥生

ちゃー美流
草木染ニット作家

兵庫県相生市の山間にある工房で、周りにある草木を用いて染色している。
「工房ちゃー美流」とは、ハーブ チャービルの花言葉「魔法のくすり」「新しい命を吹き込む」という意味から取り、なんでも無駄にせず、捨てられるものに命を吹き込みたいという思いで染めている。
春は桜、夏は青空、秋は夕焼け、冬は雪景色と田舎の風景をイメージしてニット作品を作っている。

141007 安藤美保

安藤 美保

マルメロ
家庭料理研究家

料理や販売をしている食材を通して、生産者と消費者をつなぐ場になればいいという想いのもと「カフェ&べーカリー マルメロ」を主宰。
またNPO法人風の学舎にて食育プログラムに参加。

ページの先頭へ戻る