SCHEDULE SCHEDULE

8/24 Tue

LECTURE

生糸検査所時代の家具から紐解く、神戸家具の歴史と文化

生糸検査所時代の家具から紐解く、神戸家具の歴史と文化

近代日本の産業や文化を輸出する重要拠点であった生糸検査所を改修した当センターは、一時代を築いた生糸検査所の歴史や文化を継承し、新しい価値を生み出す創造の場を目指して、平成24年より「デザイン都市・神戸」の拠点施設として活動を行っています。その中で、建物だけではなく、当時使用されていた家具や検査機器の一部を修復・再利用するなど、94年間にわたる歴史の維持継承や保存活動に取り組んでいます。2020年10月には、活動の一環として「生糸検査所時代の家具を修理する」と題し、ホールスタンドやキャビネットなど新たに 9 点の家具の公開修理を行いました。

今回のトークイベントでは、インタビュアーに編集者・椅子研究者の西川栄明さんを迎え、修理を担当した家具デザイナーの山極博史さんから修理を行う中で明らかになった検査所時代の様子などを報告いただくほか、神戸洋家具産業の研究を行う神戸芸術工科大学の佐野浩三さんより神戸家具の歴史や当時の生産背景、現状についてお話いただきます。本イベントを通して、移り行く時代の中で、歴史的、文化的価値のある家具や建物を未来へ受け継いでいくことの意味について考えます。

生糸検査所時代の家具を修理するについてはこちら
KIITOの季刊誌「KIITO NEWSLETTER」でも生糸検査所時代の家具について特集をしてます。KIITO NEWSLETTER Vol.32

038s 038s 038s

新型コロナウイルス感染拡大防止について
・発熱などの風邪症状のあるお客様は、ご参加をご遠慮いただきますようお願いします。
・アルコール消毒のご協力をお願いいたします。
・イベント中はマスクの着用をお願いいたします。
※新型コロナウイルス感染拡大防止・予防のため、イベントの内容が一部変更になる場合がございます。ご了承くださいませ。

design:赤井佑輔(paragram)
illustration:ITSUMO

日 時
8月24日(火) 19:00~21:00
場 所
ギャラリーA
ゲスト
佐野浩三(神戸芸術工科大学)
山極博史(うたたね)
インタビュアー
西川栄明(編集者・椅子研究者)
定 員
30名(事前申込制、先着順)
参 加
無料
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸

申し込む

スケジュール一覧