NEWS NEWS

2019/11/7

REPORT

「LIFE IS CREATIVE展 2019」パンじぃとパンをつくろう! レポート

LIFE IS CREATIVE展2019の最終日に、「パンじぃとパンをつくろう!」というパンづくりワークショップを開催しました。2015年に結成した初代パンじぃの皆さんと一般公募で集まった小学生8名が一緒にパンづくりを行いました。メニューは初代パンじぃが一番初めに覚え、鉄板メニューのじゃがいもパンをアレンジした、かぼちゃパンです。かぼちゃの入った生地をベースにチーズとチョコレートを混ぜた2種類をつくりました。

  

初めに自己紹介です。こどもたちは少し緊張気味ですが、初めてのパンづくりにやる気のようです。今日のパンは少し変わった製法で、一般的なパンのように生地を伸ばしたり叩いたりしないでつくります。詳しくは秘密です。まずは材料の計量からスタート。量りにカップをのせ、数値を0にして、材料を入れます。0.1g単位で計量をするのでとても難しいです。予定より時間がかかってしまいました…。パンじぃたちもはじめは同じで計量に時間ばかりかかっていましたね(笑)。

  

計量が終わると、材料を混ぜていきます。順番に丁寧に混ぜます。かぼちゃ(蒸した状態のもの)を入れたら手で少しつぶしながら混ぜます。だんだん生地が黄色になってきました。生地はとてもベトベトしていて手につくため、みんな嫌そうですが、頑張って混ぜていきます。しっかり混ざったら1次発酵です。お湯を入れた発砲スチロールの箱を使います。発酵中は休憩時間です。隣の展示会場(LIFE IS CREATIVE展2019)をパンじぃと一緒に見学しに行く子もいました。

  

約30分後、1次発酵が終わりました。生地が少し膨れて大きくなっています。次は分割と成形です。25gずつに分けていくのにまた量りを使います。コツをつかんだようで、みんなでどんどん量っていきます。量った生地は少し丸めて、鉄板に並べます。なぜか小さい生地もありましたが…(笑)、2次発酵へ行きます。1次発酵と同じく、お湯を入れた発酵スチロールの中へ。またまた休憩時間です。今度は参加者も少し疲れたようで、お茶を飲んで座って休憩していました。

  

  

2次発酵が終わり、いよいよ焼きの時間です。25gに分割した生地は、きれいに丸く膨れています。膨れた生地をつぶさないようにオリーブオイルを全体に塗ります。チーズ生地には粉チーズを上からふり掛けます。そして熱したオーブンの中へ。だんだん生地が膨れ、いい香りがしてきました。約10分で焼きが上がりました。焼き立てはとても熱いので、冷ましてから試食です。チーズもチョコレートも美味しくできたようです。パンじぃたちも今日のパンは上出来とのことです。

最後にこどもたちから感想をいただくと、「もっとパンをつくりたい!」「あんぱんとかクリームパンもやってみたい!」などパンづくりへの意欲が増したようです。パンじぃたちと相談して新たなパンづくりも計画していきたいと思います。皆様大変お疲れでした!

LIFE IS CREATIVE 展 2019「パンじぃとパンをつくろう!」についてはこちら
LIFE IS CREATIVE展 高齢社会における、人生のつくり方。についてはこちら