お知らせ・レポート

レポート

YOHAKU PUB vol.2(セルフ・ビルド・ワークショップ「余白不動産」プロジェクト 第0号物件) レポート

2015年8月27日(木)

セルフ・ビルド・ワークショップ KIITOの余白活用実験2015「余白不動産」プロジェクト 第0号物件となる「YOHAKU PUB」vol.2を実施しました。

SONY DSC

KIITO内の「余白」(未活用空間)活用アイデアを引き出すべく、6月に開催したYOHAKU PUB。2度目の開催ということで、前回から場所を変え、クリエイティブラボスペースが集まる4Fの廊下の角で、施設管理関連の機械室への通路確保のために広く空いている空間にしました。

前回制作したカウンターに加え、開催場所の目の前にあるクリエイティブラボ・ティーハウス建築設計事務所が制作したベンチをお借りして設置し、客席を増やしました。


KIITOは広大な建物なので、廊下など共用部分にまでは空調が入っておらず、季節の寒暖がそのままあらわれます。前回の6月実施時は気になりませんでしたが、今回は8月末の蒸し暑さが、来場者に汗をふきださせていました。YOHAKU PUB開催地を含め、他の「余白」候補地のほとんどは空調がなく、今後の「余白不動産」実施時の課題のひとつとなりそうです。

YOHAKU PUBは今回で終了です。これから年内に余白物件貸出、活用へと進んでいきます。
2回のヒアリングを経て、圧倒的に多かったのは、「休憩したい」「おいしいものが食べたい」という欲求に関わるアイデアでした。多くの時間をKIITOの中で過ごすクリエイティブラボ入居者にとっては、切実な思いですね。これらはうまく余白活用につながっていくでしょうか?


セルフ・ビルド・ワークショップ「余白不動産」プロジェクト 第0号物件 YOHAKU PUB
vol.1:開催概要レポート
vol.2:開催概要

2015.9.2

ページの先頭へ戻る