スケジュール

MUJI+クリエイティブゼミ「いつものもしも考」成果展示 × 防災演劇「防災博士の挑戦状」

イベント

日 時
2016/3/26(土)-27(日) 
場 所
ギャラリーA   ギャラリーC  
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸
企 画
NPO法人プラス・アーツ、一般社団法人KIO
協 力
株式会社良品計画

身の回りのモノから、いざというときの備えを考え、体験する
MUJI+クリエイティブゼミ「いつものもしも考」成果展示×防災演劇「防災博士の挑戦状」


2015年に、無印良品を展開する株式会社良品計画と協力し開催したMUJI+クリエイティブゼミ「いつものもしも考 ふだん使いできるモノで災害時を考える」。このゼミでは、ふだん使いできるモノの災害時における使い方を考え、「モノの見方」を再考する力を養うことをテーマとして、「モノ」の隠れた使い方やモノとモノの組み合わせで新たな使い方についてのアイデアを考えました。そして、そこから生まれた180を越えるアイデアから、選んだものを掲載した成果報告冊子『いつものもしも考』のアイデアブックを制作しました。
今年度は、その成果報告冊子の内容や掲載されていないアイデアを展示・紹介するとともに、一般社団法人KIOとNPO法人プラス・アーツが開発した防災演劇「防災博士の挑戦状」を、今回のためにリニューアルした内容で開催します。
もしもに備え、日用品などを活用したいざというときのための知恵や技を学び、そして、楽しみながら体験し実践できるこのイベントに、ぜひお越しください!



MUJI+クリエイティブゼミ「いつものもしも考」成果展示

クリエイティブゼミの参加者が無印良品の商品をリサーチし考えた、災害時における新しい使い方のアイデアを、イラストに起こし展示します。楽しい「いつものもしも」のアイデアを紹介します。

|日 時|2016年3月26日(土)~27日(日)9:00~21:00
|会 場|KIITO 2F ギャラリーC
|参加費|無料

MUJI+クリエイティブゼミ「いつものもしも考」の詳細はこちら
成果報告冊子はこちら

※MUJI+クリエイティブゼミ「いつものもしも考」の様子
ss_IMG_9949ss_IMG_9995






防災演劇「防災博士からの挑戦状」

NPO法人プラス・アーツと一般社団法人KIOが協働で開発した防災演劇を、1日間限定で開催します。2015年11月の大阪公演に引き続いて今回が2回目の公演になります。今回は、KIITO館内に特別に演劇空間が登場します。
参加者は、防災博士から「快適避難防災グッズを集めよ」というミッションを与えられ、制限時間内にクリアしなければなりません。体感型演劇に参加して、具体的な防災知識が身につくだけでなく、ハラハラドキドキも学べる新感覚プログラムです。

|日 時|2016年3月27日(日)
     ① 11:00~/② 13:00~/③ 15:00~/④ 17:00~  4回公演
|会 場|KIITO 1F ギャラリーA
|参加費|無料
|定 員|各回12名 (事前申し込み制、先着順、定員に達し次第受付終了)
|申込み|下記より、それぞれご希望の回をお申し込みください。
bousaiengeki_mousikomi01bousaiengeki_mousikomi02bousaiengeki_mousikomi03bousaiengeki_mousikomi04

※2015年11月の大阪公演の様子

ss_IMG_9949ss_IMG_9995

ss_IMG_9949ss_IMG_9995



160716_一般社団法人KIO2

一般社団法人KIO

1971年創立。子どもたちの置かれている状況や社会の状況を見据えて、彼らがすこやかに育つことを願い、生の優れた舞台芸術を創造し鑑賞する機会を提供。小中高校での芸術鑑賞会や地域での親子演劇鑑賞会、日本各地の巡回公演、重度の障害を持つ子どもたち向けの児童福祉施設、悲惨な事件の現場となった学校、養護施設など、全国中の場所に出向いて公演活動に取り組んでいる。また、1996年主宰、2005年に芸術監督に就任した中立公平(なかだちこうへい)を中心に、現代に視点を見据えながら、空間や時間を駆け巡るオリジナル作品の一般向け劇場公演を意欲的に行う。

ページの先頭へ戻る