スケジュール

レッドベアサバイバルキャンプクラブ 5周年記念イベント REDBEAR ANNIVERSARY CAMP

イベント

日 時
2017/4/22(土) 14:00-17:30(開場13:30)
場 所
ギャラリーC  
講 師
佐藤 登、河内 乾吾、永田 宏和、室崎 友輔
参 加
無料
定 員
50名(事前申し込み制、先着順)
持ち物
ドリンク用のマイカップをご持参ください。
ドレスコード  アウトドアファッション
※レッドベアTシャツ、軍手、バッチをお持ちの方は着用の上ご参加ください。
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸、NPO法人プラス・アーツ
レポート
http://kiito.jp/news/report/2017/06/16/17739/

これまでとこれからのレッドべアを語るトークイベント
レッドベアサバイバルキャンプクラブの発足5周年を記念し、これまでの活動の報告会を開催!
これまでの活動を振り返ると共に、これから取り組みたいこと・やってほしい事を参加者も交えて考える会です。
2011年に開発した、災害時に生き抜く力を育む避難生活体験キャンプ「レッドベアサバイバルキャンプ」は、日本をはじめ、世界でも拡がりを見せています。5周年という節目に、現状の活動状況をエピソードや今後の課題なども含めてご報告いたします。
また、クラブの活動を振り返る催しや今後のレッドベアの取り組みについて考えるワークショップもご用意してお待ちしております!
活動に関わった事のある方も、これから関わりたいという方もお気軽にご参加ください。


13:30~ 受付開始
14:00~ リレートーク
◇室﨑 友輔(NPO法人プラス・アーツ 神戸事務所長)
◇河内 乾吾(レッドベアサバイバルキャンプクラブ部長)
◇佐藤 登(いわき市立泉北小学校教諭/防災教育マスター
※NPO法人プラス・アーツ公認/TOSSいわき教育サークル代表)
◇永田 宏和(デザイン・クリエイティブセンター神戸副センター長/NPO法人プラス・アーツ 理事長)
15:50~ バッチ争奪! ゲーム大会
16:20~ やってほしい事ワークショップ
17:30 終了/片付け
※終了後懇親会あり

noborusato

佐藤 登

いわき市立泉北小学校教諭/防災教育マスター※NPO法人プラス・アーツ公認/TOSSいわき教育サークル代表

1965年福島県いわき市に生まれる。小学校で教鞭をとるかたわら、社会貢献活動にも積極的に参加し、「五色百人一首」など伝統文化の普及や地元の歴史を学び伝える「子ども観光大使」の育成などにも関わってきた。東日本大震災後、いわき市で始まった「防災サマーキャンプ」に参加したことをきっかけに、公民館や学校での防災教室の講師を務めたり、地域のお祭やイベントでの防災教室を企画・運営したりと防災教育の普及に尽力している。一昨年、JICA教師海外派遣研修に参加し、南米ボリビア多民族国で、現地の子供達に「なまずの学校」「毛布でたんか」の授業を行い、地元福島のテレビニュースで放映された。

17858246_1328227500591144_1671821866_o

河内 乾吾

消防士

レッドベアサバイバルキャンプクラブ部長。
1983年兵庫県神戸市生まれ。小学校5年生の時に阪神淡路大震災を経験。現在は神戸市消防局で消防士として働いている。東日本大震災では緊急消防援助隊として被災地で活動。その後、レッドベアサバイバルキャンプと出会い、現在に至る。

nagata

永田 宏和

デザイン・クリエイティブセンター神戸
副センター長

1968年兵庫県生まれ。企画・プロデューサー。1993年大阪大学大学院修了後、大手建設会社勤務を経て、2001年「iop都市文化創造研究所」を設立。2006年「NPO法人プラス・アーツ」設立。2012年8月よりデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の副センター長を務める。主な企画・プロデュースの仕事に、「水都大阪2009・水辺の文化座」、「イザ!カエルキャラバン!」(2005~)、「地震EXPO」(2006)、「ちびっこうべ」(2012、2014)、「EARTH MANUAL PROJECT展」(2013)などがある。

yusukemurosaki

室﨑 友輔

NPO法人プラス・アーツ
防災教育研究所所長・神戸事務所長

防災ってめんどくさい。防災ってつまらない。防災ってださい。が、一般的。そんな防災に+アーツ(既成概念にとらわれない発想を導入すること)することで、関心のなかった人たちを振り向かせる“楽しい防災”、“オシャレな防災”を日々提案しています。

ページの先頭へ戻る