スケジュール

KIITO BOOK CLUB 3「わたしたちの本の届け方とその先」

イベント

日 時
2018/1/14(日) 15:00-17:00
場 所
ライブラリ  
参 加
無料
定 員
30名(先着順)
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸、ABI+P3共同出版プロジェクト

「言葉の宇宙船がやってくる~KIITO BOOK CLUB」(主催:デザイン・クリエイティブセンター神戸、ABI+P3共同出版プロジェクト)のプログラムとして、トークイベント+ミニ古本市を開催します。

『言葉の宇宙船 わたしたちの本のつくり方』完成後の届け方や活動について紹介しながら、今後の可能性を考察します。ゲストに、神戸市内の古本屋6店舗からなるユニット「コウベボーダーズ」を迎え、神戸を拠点にしたコレクティブとしての「届け方」についてもお伺いします。ミニ古本市も同時開催!

→「言葉の宇宙船がやってくる~KIITO BOOK CLUB」についてはこちら




message-serizawa

芹沢 高志

デザイン・クリエイティブセンター神戸
センター長

1951年東京生まれ。神戸大学理学部数学科、横浜国立大学工学部建築学科を卒業後、(株)リジオナル・プランニング・チームで生態学的土地利用計画の研究に従事。その後、東京・四谷の禅寺、東長寺の新伽藍建設計画に参加したことから、89年にP3 art and environmentを開設。99年までは東長寺境内地下の講堂をベースに、その後は場所を特定せずに、さまざまなアート、環境関係のプロジェクトを展開している。帯広競馬場で開かれたとかち国際現代アート展「デメーテル」総合ディレクター(02年)、アサヒ・アート・フェスティバル事務局長(03~16年)、横浜トリエンナーレ2005キュレーター、別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」総合ディレクター(09年、12年、15年)などを務める。2014年、さいたまトリエンナーレ2016ディレクター。

sakata_s

坂田 太郎

P3 art and environment リサーチャー/サイト・イン・レジデンス

1980年神奈川県生まれ。これまでP3 art and environment、MeMe Design School、アサヒ・アートスクエア[NPO法人アートNPOリンク]に関わる。P3ではAAF2006〜2008年事務局を、アサヒ・アートスクエアでは寺内大輔、岩渕貞太、蓮沼執太、山城大督との協働プロジェクト、北川貴好、福永敦の個展、ロングパーティー「フラムドールのある家」などを担当。現在はP3でリサーチャーをしながら、自宅のある横浜で「サイト・イン・レジデンス」を継続中。主な役割はサイトにまつわる資料収集と整理。

t_qHdXRi_400x400

コウベボーダーズ

エメラルドブックストンカ書店honeycombBOOKS*ワールドエンズ・ガーデン1003蚊帳文庫の6店舗からなる神戸の古本屋ユニット。これまでに、お遍路、国巡り、学校への通学などのユニークなイベントを企画し好評を得る。由来は最初の打ち合わせの際、たまたま全員がボーダー柄の衣服を着用していたからだとか。

申し込む

ページの先頭へ戻る