スケジュール

観察のカガク—「みる」から「つくる」の日常化—

展示

日 時
2017/8/8(火)-8/29(火) ※月曜休館 9:00-21:00
場 所
ライブラリ  
参 加
入場無料
展示企画  久慈 達也(DESIGN MUSEUM LAB)、近藤 聡(明後日デザイン制作所)
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)

2017年7月5日から7月26日まで、全5回で開講した+クリエイティブゼミvol.25 デザイン編「観察のカガク」では、様々なワークショップを通して、アイデアを導く観察の手法について学びました。

本講座で扱われた「デザインのための観察」は、観る者の主観を大切にしながら「視覚」「言語」「体験」を行き来し、アイデアに適切なカタチをもたらすことを目的とした方法論です。

観察によって世界の読み取り方が深まれば、私たちの日常は見るべきもので溢れています。

本展では、講座の内容に沿って「デザインのための観察」の基本的な考え方と講座で実践したトレーニングについてご紹介します。

同時に、KIITOニューズレターVol.17において特集されたプレ企画の掲載物も併せて展示します。受講生たちの観察と思考の軌跡をぜひご覧ください。


●会期中イベント
8月19日(土)14:00-15:00
展示企画者によるギャラリーツアーを開催します。
予約不要になりますので、ご希望の方は、当日展示会場にお越しください。


講座「+クリエイティブゼミVol25 デザイン編 観察のカガク」についてはこちら

「KIITOニューズレターvol.17」についてはこちら

Kuji_Prof

久慈 達也

DESIGN MUSEUM LAB
デザインリサーチャー

1978年、青森市出身。東北大学大学院国際文化研究科博士課程を中退後、神戸芸術工科大学図書館研究員を経て、2012年にデザイン専門の展覧会企画・編集事務所DMLを設立。展覧会企画や原稿執筆のほか、デザインに関する講演や講座も担当している。2017年、デザインの現状を記録するため、デザイン・ジャーナル「Please Note」を開設する。

asatte_KONDOsatoshi

近藤 聡

明後日デザイン制作所
グラフィックデザイナー

1976年大阪府生まれ。神戸大学発達科学部卒業、 IMI(インターメディウム研究所)卒業。明後日デザイン制作所代表。解くべき問題の発見を重視し、グラフィックを中心としたデザインによる解決を目指す。 神戸芸術工科大学、京都造形芸術大学非常勤講師。

ページの先頭へ戻る