SCHEDULE SCHEDULE

6/2 Tue - 6/21 Sun,7/7 Tue - 7/26 Sun

EXHIBITION

イス・イズ・サイズ展 ーもの選びに、新たな視点を。

イス・イズ・サイズ展 ーもの選びに、新たな視点を。

服や靴に一人ひとりに合った「サイズ」があるように、イスにも「サイズ」が存在します。
イスは、仕事や食事などシーンや目的によって適したデザインが設計されているため、本来の目的以外の使い方をすることは、サイズの合わない靴を履いている事と同じであり、そのような使い方から、腰痛など身体的影響をおよぼすこともあります。イスの「サイズ」は、私たちにとって実は、とても大切なものなのです。
しかし、日本においては、自分に合ったイスのサイズを知っている人は多くはありません。
展覧会では、高さの異なるイスに座り「サイズ」の違いを体験できるほか、ピアニスト、狂言師、長身の方など、7組のモデルの方に協力をいただき、使い方にあわせて製作した7種類のイスと、展覧会のイスのデザインを担当する〈うたたね〉が20年前に製作した代表作〈nene〉の計8脚を、製作過程とともに展示します。
本展を通して、モノづくりを担う作り手の思いや技術に触れながら、生活に合ったもの選びの考え方を知り、豊かなライフスタイルの価値を提案することを目指します。

「イス・イズ・サイズ展 ーもの選びに、新たな視点を。」ご来場の方へのお願い
・発熱などの風邪症状のあるお客様は、ご来場をご遠慮いただきますようお願いします。
・必ずマスクを着用の上、ご来場をお願いします。
・ご入場の際に、マスクの着用と体調の確認、体温測定をいたします。
・会場入口にて、手指消毒をお願いいたします。
・氏名と緊急連絡先の提供に協力をお願いします。感染が発生した場合には、保健所等の公的機関に対して情報提供をさせていただく場合がございます。なお、ご提出いただいた情報は、厳重に管理いたします。
・ご鑑賞される際は、他のお客様と2メートル以上距離を空けてください。
・会場での会話をお控えください。
・ご鑑賞の際は、直接手で触れることができる展示物を除き、展示物や展示壁面などに触れないようお願いいたします。
・混雑時は入場をお待ちいただく場合がありますので時間に余裕をもってお越しください。
※新型コロナウィルスの感染拡大防止対策のため、展示方法の変更や入場者数を制限させていただく場合がございます。予めご了承ください。

■関連トークイベント「イス・イズ・ランジェリー?」※オンラインライブ配信

日時:2020年6月18日(木)10:30~12:00  参加:無料
ゲスト:九冨 里絵(Lily Trading Co.,Ltd.)、山極 博史(うたたね)
申込み:不要

【イスから、その人が見えてくる?】
本展では、高さの異なるイスに座り「サイズ」の違いを実際に体験できるほか、さまざまなモデルの方に協力いただき、シーンにあわせて新たに製作した7種類のイスと約20年前に作成をしたイスの計8脚をプロセスとともに展示します。展覧会を通して、自分の生活に合った家具があることを知り、モノづくりを行う作り手の思いや技術に触れる場をつくります。

case 1:体格の大きい長時間のデスクワークを行う人のためのイス 〈Black bear〉
パソコン作業がメインで、長時間座りっぱなしになることも多く腰痛に悩むクリエイティブディレクターのための身体に負担が少なく色気のあるイス
  

case 2:3人の子どもたちのためのイス 〈Wallaby〉
3歳、6歳、11歳。身長も体重も異なる子どもたちそれぞれがちょうどいい高さでテーブルにつけるよう、厚みの違うクッションでサイズを調整できるイス
  

case 3:狂言師が舞台で使うイス 〈KAZURA〉
能・狂言の舞台装置である「蔓桶」。劇中、座ったり、家具として使ったり、人が上に立ったり。そんな蔓桶をモチーフにし、実生活でも使えるイス
  

case 4:木かごをつくる高齢女性が長時間作業をしても疲れないイス 〈Rana〉
80代のマダムの趣味は、木のカゴを編むこと。上半身を動かしやすく立ち上がりもしやすい作業にぴったりのイス
  

case 5:190cm近くある長身の外国人のためのイス  〈Gazelle〉
190cm以上ある身長に合うイスは日本には少なくいつも窮屈。そんな彼の作業も食事も快適にする、スラっとシンプルなイス
  

case 6:ピアニストが演奏でつかうイス 〈ミスバタフライ〉 
演奏中の力の掛け方や姿勢など、ピアノを集中して演奏するために最適なエレガントなイス
  
ヒアリング時のブログはこちら

case 7:愛犬家が犬と暮らすイス 〈Fiddler〉
ひじ掛けに犬用のおやつを置いたり、背もたれにリードを掛けられたり。育ち盛りの室内犬と仕事中も一緒に過ごせるイス。
  

case 8:経年変化を感じるイス 〈nene〉
ふっくらした座面が特徴的なスツール「nene」。20年以上改良を続けながらロングセラーとなっている、うたたねの代表作

【制作の様子はうたたねのブログよりご覧いただけます。】
「イス・イズ・サイズ 展」製作風景1
「イス・イズ・サイズ 展」製作風景2
「イス・イズ・サイズ 展」製作風景3
「イス・イズ・サイズ 展」製作風景4
「イス・イズ・サイズ 展」製作風景5
「イス・イズ・サイズ 展」製作風景6
「イス・イズ・サイズ 展」製作風景7
「イス・イズ・サイズ 展」製作風景8
「イス・イズ・サイズ 展」製作風景9
「イス・イズ・サイズ 展」製作風景10

「「イス・イズ・サイズ 展」の楽しみ方

 

KIITOの季刊誌「KIITO NEWSLETTER」でもイス・イズ・サイズ展を特集してます。
KIITO NEWSLETTER 027

 

【家具の作り手に相談をしてみよう】
展覧会を見る中で、自分の暮らしに合った、好みの高さのイスをメモして持ち帰られる「タグ」を会場にて配布しています。ウラ面にはそのサイズや使うシーンに合わせた家具のオーダーを相談できる家具デザイナーや家具屋さんが掲載されています。展覧会を見て、自分がどんな家具を使いたいか考えて、タグを片手に気軽にご相談に行ってみてください。きっとあなたにぴったりのイスをご提案いただけるはずです。(順不同)

Magical Furniture
小寺 昌樹
〒657-0836 兵庫県神戸市灘区城之内通5-7-21

 

wedge furniture studio
西良 顕行
〒666-0017 兵庫県川西市火打2-15-24

 

isDesign
岡田 光司
〒659-0082 芦屋市宮塚町11-18 フリックコートアネックス1F

 

REAL BASIC DESIGN
新木 聡
〒561-0845 大阪府豊中市利倉1-13-25

 

永田良介商店
〒650-0021 神戸市中央区三宮町三丁目1番4号 永田良介商店ビル2F

 

 

 

【TTTAAAGGGとは?】
一般的な情報や価値観ではない、新たなもの選びの視点を提案するプロジェクト名です。
もの選びの視点を商品タグのように持って帰ってもらい、今日から活かせるものとの付き合い方を提案します。

日 時
2020/6/2(火)~21(日), 2020/7/7(火)~26(日) 11:00~19:00
※月曜休館 ※6月22日(月)~7月6日(月)は閉場となりますので予めご了承ください。
場 所
ギャラリーB
制 作
山極博史・杉島郁子(うたたね)
ディレクション
吉田貴紀・栗原里菜(BYTHREE)、田中裕一(かたちラボ)
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸、うたたね

スケジュール一覧