スケジュール

KIITO BOOK CLUB 1「本を『編む』わたしたちの本のつくり方」

レクチャー

日 時
2017/11/25(土) 15:00-17:00
場 所
ライブラリ  
参 加
無料
定 員
30名(先着順)
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸、ABI+P3共同出版プロジェクト

「言葉の宇宙船がやってくる~KIITO BOOK CLUB」(主催:デザイン・クリエイティブセンター神戸、ABI+P3共同出版プロジェクト)のプログラムとして、トークイベントを開催します。

一冊の本をつくるにあたって、何を、どのように編んでいるのか。編集者・川村庸子とデザイナー・尾中俊介が、『言葉の宇宙船』における編集とデザインの実践について言葉を交わします。ふだん無意識に行っていることを言語化し、わたしたちの本のつくり方を探る試みです。

→「言葉の宇宙船がやってくる~KIITO BOOK CLUB」についてはこちら




onaka_s

尾中 俊介

Calamari Inc. / pub
グラフィックデザイナー・詩人

1975年山口県宇部市生まれ。美術展の印刷物や書籍のデザインを手がける。近年の仕事に『田村友一郎|服部浩之 試論:栄光と終末、もしくはその週末/Week End』(小山市立車屋美術館)、『コンサベーション_ピース:ここからむこうへ』(武蔵野市立吉祥寺美術館)、『コレクション展1 PLAY/粟津潔、マクリヒロゲル4』(金沢21世紀美術館)、『マーティン・クリード』(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)、『芹沢高志+港千尋|言葉の宇宙船』(ABI+P3共同出版プロジェクト)、『歴史する!Doing history!』(福岡市美術館)、『東松照明─長崎─』(広島市現代美術館)等。

kawamura_s

川村 庸子

1985年生まれ。在学中からasobot inc.に参加し、ディレクターとして、企画・編集・地域のリサーチを行う(〜2014年)。編集した主な媒体は、『GENERATION TIMES』(ラフォーレ原宿、2004年〜2010年)、『earth code』『survival ism』(ダイヤモンド社、2010年、2011年)。NPO法人シブヤ大学企画・運営・姉妹校立ち上げの中間支援(2006年〜2010年)。オルタナティブスペース「undō」代表(2014年5月〜2015年12月)。
近年は、ABI+P3共同出版プロジェクト『言葉の宇宙船 わたしたちの本のつくり方』などさまざまなプロジェクトに伴走しながら編集を行っている。

申し込む

ページの先頭へ戻る