スケジュール

西尾美也アーティスト・トーク「子どものまちでつくる衣服―ちびっこテーラープロジェクト」

レクチャー

日 時
2014/10/16(木) 19:00-21:00
場 所
ギャラリーA  
講 師
西尾 美也(美術家)
聞き手:芹沢 高志(デザイン・クリエイティブセンター神戸 センター長)
参 加
無料
定 員
50名(要事前申込み/先着順)
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸
レポート
第1回:http://kiito.jp/news/report/2014/09/06/8848/

KIITOアーティスト・イン・レジデンス2014 招聘作家の西尾美也さんを迎え、アーティスト・トークを行います。ファッションと、装いを介するコミュニケーションに注目してアートプロジェクトを行う西尾さん。10月にKIITOに出現する子どものまち「ちびっこうべ2014」のために、「ちびっこテーラー」(洋服の仕立て屋さん)を養成するワークショップを行ってきました。市民が持ち寄った古着を大量に陳列し、インスタレーションとして子どものまちを彩る工房を作ります。ちびっこテーラーは工房を拠点とし、まちの子どもから服の受注生産を受けたり、オリジナル服を作って貸し出す仕事をします。またファッションショーを開催し、生み出された服をちびっこモデルが着こなしてまちを賑わせます。

今回のアーティスト・トークでは、ちびっこテーラー工房を間近に見られる会場にて、西尾さんにこれまでのご活動についてお話いただくとともに、ちびっこテーラープロジェクトの具体的なプログラムについてもご紹介します。通常は大人が足を踏み入れることのできない、子どもだけのまちの様子を垣間見ていただけます。ぜひお越しください。

「ちびっこうべ」とは? 神戸の子どもたちとクリエイターがいっしょにつくる、夢のまち。プロの知識や技を楽しく学んでまちをつくりあげていく、体験型プログラムです。詳しくはこちら
「ちびっこテーラーワークショップ」とは? 詳しくはこちら

 

140815 西尾 美也

西尾 美也

美術家。1982年奈良県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。装いの行為とコミュニケーションの関係性に着目し、市民や学生との協働によるプロジェクトを国内外で展開している。ファッションブランドFORM ON WORDSを主宰。六本木アートナイト2014ではテーマプロジェクトを手がけ、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、国立新美術館の3ヶ所で古着を再利用した大規模な作品を発表した。

message-serizawa

芹沢 高志

デザイン・クリエイティブセンター神戸
センター長

1951年東京生まれ。神戸大学理学部数学科、横浜国立大学工学部建築学科を卒業後、(株)リジオナル・プランニング・チームで生態学的土地利用計画の研究に従事。その後、東京・四谷の禅寺、東長寺の新伽藍建設計画に参加したことから、89年にP3 art and environmentを開設。99年までは東長寺境内地下の講堂をベースに、その後は場所を特定せずに、さまざまなアート、環境関係のプロジェクトを展開している。2014年より東長寺対面のビルにプロジェクトスペースを新設。帯広競馬場で開かれたとかち国際現代アート展「デメーテル」総合ディレクター(02年)、アサヒ・アート・フェスティバル事務局長(03年~)、横浜トリエンナーレ2005キュレーター、別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」総合ディレクター(09年、12年、15年)などを務める。2014年、さいたまトリエンナーレ2016のディレクターに就任。

ページの先頭へ戻る