スケジュール

濱口竜介 即興演技ワークショップ in Kobe 参加者募集!

ワークショップ

日 時
2013/9/14(土)-2014/2/8(土) 11:00-16:00
講 師
濱口 竜介(映画監督)
参 加
有料 70,000円 (全20週・年末年始除く/分割払い可能) 
定 員
16名
問合せ
KIITOアーティスト・イン・レジデンス2013 即興演技ワークショップ事務局(fictive内)
TEL : 078-754-5825
MAIL : workshop_info@fictive.jp
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸
企 画
フィクティヴ有限責任事業組合
協 力
株式会社NEOPA/株式会社Sunborn

映画監督・濱口竜介による、即興演技ワークショップの参加者を募集します。2014年2月にパフォーマンス作品の発表を目指し、約5ヶ月間のワークショップを行います。また参加者はワークショップ終了後、2014年3月に神戸市内で撮影予定の濱口竜介監督作品にキャスティングされます。KIITOや神戸のまちを舞台に作品を創りだす現場に、みなさまぜひご参加ください。

※本ワークショップは、アーティストがKIITOを拠点として、神戸のまちや周囲の人々と交流を重ねながら滞在制作を行うプログラム「KIITOアーティスト・イン・レジデンス」の招聘作家、濱口竜介の制作の一環として開催します。

■ 説明会開催!詳しくはこちら

■ 濱口竜介メッセージ
「即興演技ワークショップ」をこのたび、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の主催のもと、開催します。
ここで言う「即興演技」とは、単に好き勝手に「動く」ことや、アドリブで「話す」こととは違います。このワークショップの最も大きな柱は「聞く」ことです。真摯に「聞く」態度があって、初めて人は自由に「話し」「動く」ことができる。これは私が2年間、東北で続けた震災体験の聞き取りから得た実感です。そのことを「演技」という元々の自分の関心と結びつけたいと考えています。このワークショップの主たる目的は、「聞く」ことがいかに演技表現の即興的な現れを助けるのか、を探究することです。
このワークショップでは僕を含めたすべての参加者は、何よりも「聞く」ことのプロフェッショナルになること、もしくはそのための一歩を踏み出すことが求められます。そのため、参加者にいわゆる演技経験を求めることもありません(もちろん、あっても構いませんが、今までの経験はあまり役に立たないかもしれません)。求めているのはただ、コミュニケーションの意志、他者への関心、そしていずれはカメラや観客の前に立つためのほんの少しの覚悟だけです。
約5ヶ月間のワークショップの成果として、パフォーマンス作品の制作およびKIITOでの発表を行います。そして、ワークショップ終了後には、有志参加による映画制作があります。それらをどのような形にするのか、まだ何も決めていません。それは参加する人たちと一緒に即興的に決めて行くためです。「不確かさ」は、このワークショップにとって最も重要なものです。
ただ、これからお会いする人たちがこのワークショップを素晴らしいものにしてくれることだけは既に確信しています。だから今、とてもワクワクしています。ご参加を、心よりお待ちしています。

■ ワークショップカリキュラム
2013/9/14(土)-2014/2/8(土) 毎週土曜・全20週・年末年始は除く
11:00-16:00(昼休憩あり) ※終了時間は、講義・稽古・イベント等の内容によって変更になる可能性があります。

resi_hama_bosyuu_zu

フリースペースについて
本ワークショップは講義日以外も、参加者が自主的な稽古・活動をできるよう、時間と曜日を設定し、KIITO内の定められたスペースを開放します。※管理者としてfictiveスタッフが常駐します。

■ 応募要項
募集内容 演技表現もしくは身体表現に興味を持つ者。14~16名。
応募資格 年齢・経験・国籍、不問
受講期間 2013年9月~2014年2月 ※ワークショップ終了後の3月に有志参加の映画制作あり
受講料  ¥70,000 (全20週・年末年始除く/分割払い可能)
応募締切 7/19(金)必着(メール応募は日本時間23:59まで)
面接会場 神戸会場:KIITO/東京会場:未定(応募者各位に告知します)
結果通知 下記のスケジュールの通り、事務局から通知致します。

■ 応募方法
郵 送 所定の応募用紙をダウンロードし、締切日までに下記宛先まで郵送。
メール 内容は同じく、所定の応募用紙に書き込み、添付にて締切日までに送付のこと。
※添付資料としてポートフォリオもしくは自身の映った映像DVDの送付を希望する方は、
どちらかを1部(枚)のみ送ってください。
※応募書類の返却は致しかねますので、あらかじめご了承ください。


■ 応募用紙
ダウンロード(Word)
ダウンロード(PDF)


■ 応募先・お問い合わせ
郵 送 〒654-0009 神戸市須磨区板宿町3-5-2 KIITOアーティスト・イン・レジデンス2013
    即興演技ワークショップ事務局(fictive内)
電 話 078-754-5825
メール workshop_info@fictive.jp

■ 選考スケジュール
7月19日(金) 第一次応募〆切(必着)
7月30日(火) 第一次合格者発表(応募者にメールで連絡)
8月5日(月)~8日(木) 第二次試験:個人面接(東京・神戸で開催)
8月12日(月) 第二次合格者発表(応募者にメールで連絡)
8月23日(金)、24日(土) 第三次試験:グループ+個人面接審査(神戸KIITOにて審査)
8月30日(金) 合格発表:合格者・最大16名
9月14日(土)  ワークショップ開始

 

130522 濱口竜介

濱口 竜介

映画監督

1978年神奈川県生まれ。映画監督。2008年、東京藝術大学大学院映像研究科の修了制作『PASSION』がサン・セバスチャン国際映画祭や東京フィルメックスに出品され高い評価を得る。東日本大震災の被災者へのインタヴューから成る『なみのおと』『なみのこえ』、東北地方の民話の記録『うたうひと』(2011〜 2013/共同監督:酒井耕)、4時間を越える長編『親密さ』(2012)を監督するなど、地域やジャンルをまたいだ精力的な制作活動を続けている。最新作『ハッピーアワー』は第68回ロカルノ国際映画祭最優秀女優賞受賞をはじめ、海外映画祭で高い評価を得ている。

130522 砂連尾理

砂連尾 理

振付家・ダンサー

1991年、寺田みさことダンスユニットを結成。近年はソロ活動を行い、舞台作品だけでなく臨床哲学者や、映像作家、情報・ロボット工学者と様々なプロジェクトを行う等、ジャンルの越境、文脈を横断する活動を行っている。2008年度文化庁・在外研修員としてベルリンに1年滞在。近年の作品に「Thikwa+Junkan Project」、「とつとつダンス」等がある。立命館大学、神戸女学院大学、近畿大学非常勤講師。

130522 フィクティヴ有限責任事業組合

フィクティヴ有限責任事業組合

映画監督・濱口竜介を中心として、「KIITOアーティスト・イン・レジデンス2013 濱口竜介 即興演技ワークショップ in Kobe」運営のために結成された有限責任事業組合(LLP)。

ページの先頭へ戻る