スケジュール

濱口竜介 即興演技ワークショップ in Kobe

ワークショップ

日 時
2013/9/14(土)-2014/2/8(土) 11:00-16:00
講 師
濱口 竜介(映画監督)
参 加
有料 70,000円 (全20週・年末年始除く/分割払い可能) 
定 員
16名
問合せ
KIITOアーティスト・イン・レジデンス2013 即興演技ワークショップ事務局(fictive内)
TEL : 078-754-5825
MAIL : workshop_info@fictive.jp
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸
企 画
フィクティヴ有限責任事業組合
協 力
株式会社NEOPA/株式会社Sunborn

本ワークショップは、アーティストがKIITOを拠点として、神戸のまちや周囲の人々と交流を重ねながら滞在制作を行うプログラム「KIITOアーティスト・イン・レジデンス」の招聘作家、濱口竜介の制作の一環として開催します。2014年2月にパフォーマンス作品の発表を目指し、約5ヶ月間のワークショップを行います。また参加者はワークショップ終了後、2014年3月に神戸市内で撮影予定の濱口竜介監督作品にキャスティングされます。

■募集要項はこちら ※募集は終了しました。

 

130522 濱口竜介

濱口 竜介

映画監督

1978年神奈川県生まれ。映画監督。2008年、東京藝術大学大学院映像研究科の修了制作『PASSION』がサン・セバスチャン国際映画祭や東京フィルメックスに出品され高い評価を得る。東日本大震災の被災者へのインタヴューから成る『なみのおと』『なみのこえ』、東北地方の民話の記録『うたうひと』(2011〜 2013/共同監督:酒井耕)、4時間を越える長編『親密さ』(2012)を監督するなど、地域やジャンルをまたいだ精力的な制作活動を続けている。最新作『ハッピーアワー』は第68回ロカルノ国際映画祭最優秀女優賞受賞をはじめ、海外映画祭で高い評価を得ている。

130522 砂連尾理

砂連尾 理

振付家・ダンサー

1991年、寺田みさことダンスユニットを結成。近年はソロ活動を行い、舞台作品だけでなく臨床哲学者や、映像作家、情報・ロボット工学者と様々なプロジェクトを行う等、ジャンルの越境、文脈を横断する活動を行っている。2008年度文化庁・在外研修員としてベルリンに1年滞在。近年の作品に「Thikwa+Junkan Project」、「とつとつダンス」等がある。立命館大学、神戸女学院大学、近畿大学非常勤講師。

130522 フィクティヴ有限責任事業組合

フィクティヴ有限責任事業組合

映画監督・濱口竜介を中心として、「KIITOアーティスト・イン・レジデンス2013 濱口竜介 即興演技ワークショップ in Kobe」運営のために結成された有限責任事業組合(LLP)。

ページの先頭へ戻る