SCHEDULE SCHEDULE

1/26 Sun

WORKSHOP

神戸野菜学 ブロッコリー

神戸野菜学 ブロッコリー

神戸野菜学とは?

2017年から続く、「旬の野菜」をテーマに、栽培するひと・広めるひと・料理するひとの3組から野菜について学ぶワークショッププログラム。KIITO CAFEの運営パートナーである「はっぱや神戸」とKIITOが、野菜の生態や育て方、おいしく食べる知識をとことん突き詰めてお届けします。

1月のテーマは、冬に旬を迎える「ブロッコリー」!

お弁当、ハンバーグ、サラダ…いつもその鮮やかなグリーンでお料理を彩ってくれるブロッコリー。見慣れているはずなのに、あらためて見つめてみると、なんだかゆかいな形で不思議です。しかも栄養価もすごく高いなんて、大人になってから知りました。今回の野菜学では、ブロッコリーをみんなで学んで、さわって、食べて、ブロッコリーが好きな人も苦手な人も、その大切さにきっと気づくことでしょう。

―加古祐樹(はっぱや神戸)

1月26日(日)の時間割

1時間目 野菜学〈ブロッコリーを知る〉  丸山倫寛(fresco,fresco)、加古祐樹(はっぱや神戸)
2時間目 調理実習〈ブロッコリーを使う〉  仲島義人(カルチア食堂)、加古祐樹(はっぱや神戸)
給食   〈ブロッコリーを食べる〉

お申込みについて

■2019年12月10日(火)14:00からページ下部の申込フォームより申込み受付開始。

■申込締切は2020年1月14日(火) ※抽選の結果は1月17日(金)中までにご連絡いたします。

現在、KIITO CAFE入口にて、「神戸野菜学 ブロッコリー」のチラシに登場している「はっぱや野菜の絵コンテスト」の作品を展示しています。チラシのどこにどの絵が登場しているのか注目しながら見ていただくと、さらにお楽しみいただけるはず。ご来館の際にはぜひご覧ください!


〈展示期間〉2020年1月31日(金)まで

〈10月開催「神戸野菜学 さつまいも」の開催風景〉

「神戸野菜学 さつまいも」レポートはこちらから

抜き打ちブロッコリーテストに挑戦!

問1 ブロッコリーの原産地(国)を答えなさい。

(                          )

問2 ブロッコリーの仲間を次のうちから1つ選びなさい。

①リーキ  ②フェンネル  ③コールラビ  ④アーティチョーク

(           )

問3 ブロッコリーの房は無数の蕾(花蕾)で出来ています。一房におよそどのくらいの蕾がついているか、次から1つ選びなさい。

①1,000個  ②10,000個  ③100,000個

(           )

問4 今回の講師・丸山さんの好きなブロッコリーの食べ方は次のうちどれか答えなさい。 〈ヒント〉「味がしみやすいところが好き」だそうです。

①ブロッコリーをうすめにスライスした「ブロッコリーしゃぶしゃぶ」。
②茎を刻んでスープに。
③ひとつをまるごとゆでてマヨネーズをかけてかじる。

(           )

※テストの解答は、「神戸野菜学 ブロッコリー」当日の答え合わせ、または開催後ウェブサイトにアップするレポートをご覧ください。

レポートを読む

日 時
2020/1/26(日) 12:00~15:00
参 加
2,000円(材料費、試食込)
定 員
20名(事前申込制、申込多数の場合は抽選)
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸、はっぱや神戸

こちらのイベントは現在お申し込みを受け付けておりません。

スケジュール一覧