SCHEDULE SCHEDULE

10/10 Sat

SEMINAR

オンラインフォーラム これからの共創・公民連携のカタチを考える~withコロナ時代の新たな取り組み事例も交えながら~

オンラインフォーラム これからの共創・公民連携のカタチを考える~withコロナ時代の新たな取り組み事例も交えながら~

企業、大学、NPO、地域団体など多様な民間セクターと行政が連携を深め、新たな価値や解決策を共に見出し、創りあげていく「共創・公民連携」。デザイン・クリエイティブセンター神戸では、この「共創・公民連携」をテーマとしたオンラインフォーラムを開催いたします。

神戸市ではこれまで民間セクターと連携し、様々な取り組みを行ってきました。それぞれが持つアイデアや技術、ノウハウを神戸のまちづくりや教育に活かすことができれば、神戸はより暮らしやすく、だれもが生き生きと活動できる街になると信じ、取り組みを継続して行っています。社会情勢が刻一刻と変化していく中、これまで以上に社会に対して新しい価値観を民間セクターと共に創造していくことが重要です。

フォーラムでは横浜市政策局共創推進室共創推進課の河村昌美さん、大阪府公民戦略連携デスクの元木一典さん、主催団体である神戸市企画調整局つなぐラボの藤岡健さんをスピーカーに、各都市の先進事例から共創・公民連携の実態やメカニズム、そこから見えてくる課題や可能性を学び、神戸における、社会的課題解決分野の、より本質的で持続可能な「共創」のカタチを紡ぎ出します。


【チラシデータはこちら】

デザイン:トキオカデザイン 時岡佑太
イラスト:アツダマツシ

【自治体紹介】

横浜市政策局共創推進室
市民ニーズや地域の抱える課題が多様化・複雑化している現在、行政だけの知恵や力だけでは対応が難しくなっています。そのため横浜市では、それらの様々な課題の解決を図るため、企業やNPO、大学、自治体町内会、市民活動団体など様々な皆様と横浜市との双方向の対話を通じ、目標を共有し、それぞれの持つ知識やノウハウ、資源を活用することで、新たな価値を共に創っていく「共創」の取り組みを推進しています。

大阪府公民戦略連携デスク
平成27年4月に設置。公民連携の専任部署としては都道府県初。企業・大学と行政のワンストップ窓口として、企業からの様々な連携の相談・提案と行政内部からのニーズをコーディネートしていくことを目的としています。連携にあたっては、企業等の社会貢献活動であるCSRだけでなくCSVにも着目し、企業・大学との「対話」を重視することで、府民・企業・行政の「三方良し」の形による社会課題の解決を目指しています。

神戸市公民連携推進担当
神戸市公民連携推進担当では、企業の皆さまから、神戸の地域・社会課題解決に向けたご提案を頂けるよう、ワンストップ窓口を設置し、ご提案・ご相談を随時受け付けるとともに、すみやかに各事業部局と情報を共有し、連携を推進しております。連携プロジェクトの推進に際して、他企業、NPO、大学や金融機関等との連携が望ましい場合には、神戸市がつなぎの役割を果たすとともに、各セクターの関わりにシナジーを発揮し、より効果的・効率的な課題解決が実現できるように努めております。地域・社会課題のソリューション、ノウハウを持つ民間事業者等との連携は、互いにメリットがあり、最終的には、市民や地域にとって最大のプラスとなるよう、神戸の未来を協創(Co+Creation)していく公民連携を推進してまいります。


日 時
2020/10/10(土)13:30~16:00
場 所
オンライン(YouTube Live配信)
スピーカー
河村昌美(横浜市政策局共創推進室 課長補佐・事業構想大学院大学事業構想研究所 客員教授)
元木一典(大阪府財務部行政経営課 公民戦略連携デスク チーフプロデューサー)
藤岡健(神戸市企画調整局 つなぐラボ 担当部長)
コーディネーター
永田宏和(デザイン・クリエイティブセンター神戸 副センター長)
参 加
無料
申込み
100名(要申込・先着順)
お申込み受付後、後日メールで参加URLをお送りいたします。
問合せ
event@kiito.jp
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸、神戸市企画調整局つなぐラボ
共 催
大阪府公民戦略連携デスク
後 援
横浜市政策局

申し込む

スケジュール一覧