スケジュール

+クリエイティブゼミ vol.18 まちづくり編 これからの公園のあり方について考える part.2「公園×健康」

ゼミ

日 時
2015/11/17(火)-2016/2/2(火) 19:15-21:15
場 所
303  
講 師
永田 宏和(デザイン・クリエイティブセンター神戸 副センター長)
参 加
無料 / 要申込み(聴講可、要申込み)
定 員
20名
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸
協 力
神戸市建設局公園部計画課

公園では今、様々なムーブメントが起こっています。遊具や砂場があって、子どもたちが元気に走り回っている、それはもはや昔のイメージです。公園活用の世界の先進都市では、個人でトレーニング、友人とランニング、家族で朝食、大勢でヨガ、など、公園は実に様々な目的で活用されています。
超高齢社会を迎える日本では、平均寿命が伸びる一方で、健康に生きられる期間「健康寿命」とのギャップが課題となっています。そんななかで、高齢者を対象に、大人向けの健康器具を設置する公園も増えています。こうした世の中の流れを汲み、みんなの身近に必ずある公園をもっと健康ライフに生かせないか、そんなことを考えて今回のゼミを企画しました。私たち全員のこれからの課題です。ぜひ一緒に考えましょう。

以前開催した、公園ゼミの様子
web_03

+クリエイティブゼミvol.12 まちづくり編 これからの公園のあり方について考える。
http://kiito.jp/schedule/seminar/article/10142/

チラシデータはこちら

スケジュール

nagata

永田 宏和

デザイン・クリエイティブセンター神戸
副センター長

1968年兵庫県生まれ。企画・プロデューサー。1993年大阪大学大学院修了後、大手建設会社勤務を経て、2001年「iop都市文化創造研究所」を設立。2006年「NPO法人プラス・アーツ」設立。2012年8月よりデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の副センター長を務める。主な企画・プロデュースの仕事に、「水都大阪2009・水辺の文化座」、「イザ!カエルキャラバン!」(2005~)、「地震EXPO」(2006)、「ちびっこうべ」(2012、2014)、「EARTH MANUAL PROJECT展」(2013)などがある。

佐藤健

佐藤 健

公益財団法人 日本レクリエーション協会 スポーツ振興政策チーム

1975年岡山県生まれ。1999年東京薬科大学卒業後、農村や公園などの設計会社に勤務し、環境教育の企画・運営に従事。その後、国立公園のビジターセンター勤務などを経て、現在、(公財)日本レクリエーション協会に所属。スポーツ・レクリエーションを通じた健康づくりに関わる。2003年「NPO法人ナチュラルフェローズ」設立。ライフワークとして環境保全に関わる一方、ローカル×ローインパクトをキーワードに、『朝ごはんの会』と称する、朝ごはんを通じたコミュニティづくり「エコストーブde羽釜ごはんプロジェクト」を立ち上げる。

ページの先頭へ戻る