スケジュール

+クリエイティブゼミvol.1医療福祉編

ゼミ

日 時
2012/11/6(火)-2013/1/15(火) 19:15-21:00
講 師
永田 宏和(デザイン・クリエイティブセンター神戸 副センター長)
参 加
無料 各回聴講のみ可能 事前にお問い合わせください
定 員
40名
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸
協 力
NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス 公益財団法人チャイルド・ケモ・サポート基金 
夢の病院をつくろうプロジェクト

小児がん専門治療施設「チャイルド・ケモ・ハウス」応援団員募集!!!

グランドオープンしたデザイン・クリエイティブセンター神戸「KIITO」でいよいよ「+クリエイティブゼミ」が始まります!本格始動したセンターでの第1回目のゼミのテーマはずばり「医療福祉」です。

来春、ポートアイランドに開設する小児がん専門治療施設「チャイルド・ケモ・ハウス」に対して「+クリエイティブ」でどのような支援が可能かを考え、支援メニューを提案してもらう予定です。「チャイルド・ケモ・ハウス」は2005年に小児がん患児の家族と医療関係者、支援者で立ち上げたプロジェクトで、寄付だけで小児がん専門病院を作ろうと活動を続けてきました。そして、約7年の歳月を経て来春ポートアイランドでの開設が決まり、現在建設工事が着々と進められています。

小児がん患児のための診療所の周りに19戸の家族が入居できる住宅を張り付けるという画期的な建築プランは、「夢の病院は家です。」という施設コンセプトを具現化したもので理想の病院の姿なのですが、その結果、現行の病院の枠組みから外れてしまい、建設は進んでいるのですが、運営に関しては様々な課題があり、まだまだ支援が必要な状況です。

また、この「チャイルド・ケモ・ハウス」は、小児がん患児のための新たな病院のあり方を問うものですが、その取り組みは私たちがいずれお世話になる「病院」そのもののあり方を考え直すことにもつながると思っています。このように将来の自分の問題にもオーバーラップする小児がん患児専門治療施設「チャイルドケモハウス」を「+クリエイティブ」で支援する様々な方法を皆で考え、どんどん企画を行い、その実現に動き出していければと考えています。本当に意義のある大切なプロジェクトです。ぜひ多くの熱い人たちの参加を期待しています!奮ってご参加ください!

スケジュール

第1回 2012/11/6(火)課題発表/NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス事務局長田村亜紀子さん
第2回 2012/11/13(火)グループミーティング
第3回 2012/11/20(火)自主ゼミ(講師海外出張のため)、グループミーティング
第4回 2012/11/27(火)グループミーティング
第5回 2012/12/3(月)中間発表会
第6回 2012/12/11(火)自主ゼミ(講師海外出張のため)、グループミーティング
第7回 2012/12/18(火)グループミーティング
第8回 2012/12/26(水)グループミーティング
第9回 2013/1/8(火)自主ゼミ(講師海外出張のため)、グループミーティング
第10回 2013/1/15(火)最終プレゼンテーション

詳細PDFはこちら

nagata_s

永田 宏和

デザイン・クリエイティブセンター神戸
副センター長

1968年兵庫県生まれ。企画・プロデューサー。1993年大阪大学大学院修了後、大手建設会社勤務を経て、2001年「iop都市文化創造研究所」を設立。2006年「NPO法人プラス・アーツ」設立。2012年8月よりデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の副センター長を務める。主な企画・プロデュースの仕事に、「水都大阪2009・水辺の文化座」、「イザ!カエルキャラバン!」(2005~)、「地震EXPO」(2006)、「ちびっこうべ」(2012、2014)、「EARTH MANUAL PROJECT展」(2013)などがある。

チャイルド・ケモ・ハウス

NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス

小児がん治療中の子どもたちとその家族の、QOL(Quality Of Life-生活の質)に配慮した日本で初めての専門治療施設。自分の家のような環境で家族が共に暮らしながら小児がん患者が安心して化学療法(抗がん剤治療)を受けることができる。

ページの先頭へ戻る