スケジュール

未来のかけらラボvol.2 ~パッシブデザイン再考~

ゼミ

日 時
2013/7/14(日)、15(月・祝) 
場 所
ギャラリーC  
講 師
末武 純子(建築家)
モデレーター:芹沢 高志(デザイン・クリエイティブセンター神戸 センター長)
参 加
有料 500円 (全通し)
参加費は初回参加日にお支払いください。
定 員
50名
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸

日光や風などの身近な自然の営み、住まいの知恵を建築のデザインに取り入れる「パッシブデザイン」。この考え方が登場した背景には、エネルギーの投入と機械設備に頼り、生命の基盤であるはずの自然や生態系を損なう結果を招いた当時の「アクティブ」な建築に対する懐疑がありました。
本講座では、イギリスを拠点として活躍する建築家、末武純子氏を講師に招き、パッシブデザインの成り立ち、日本とイギリスでのパッシブ建築の現状や展望についてレクチャーを行います。その後、トークセッションを通して、このような考えをわたしたちのこれからの生活にどのように生かしていくべきかをみんなで考えます。

「未来のかけらラボ」とは
現代社会はさまざまな意味で混迷を深めています。未来が見えにくくなっており、そのために、希望を感じにくくなっているとも言えるでしょう。このラボはセンター長・芹沢高志をモデレーターに、身近に散らばる多様な未来のかけら、つまり可能性の芽を拾い集め、草の根的に自分たちの未来を思い描こうとしていく試みです。

 

レクチャー1 パッシブデザインとは何か  7/14(日) 13:00-14:30
歴史的背景や、対概念としての「アクティブ」をふまえながら、単なる建築の一工法、一様式にとどまらない、「姿勢」としてのパッシブについて解説。講師自身がパッシブデザインに携わる背景や、日本とイギリスでの活動についても紹介する。

レクチャー2 事例紹介と今後の展望  7/14(日) 15:00-16:30
イギリスとヨーロッパの事例を中心に、実際のデザイン、建設、モニタリング、アフターケアの記録などについて、画像を交えながら紹介する。技術が向上し、多くの検証が蓄積している現在は、実はパッシブデザイン再考の重要な時期にあたる。具体的事例を通して、現状、課題、そして今後の展望について共有する。

トークセッション パッシブデザインとわたしたちの未来  7/15(月・祝) 13:00-15:00
モデレーターの芹沢が聞き手となり、トークセッションを行う。日本の気候風土に合ったパッシブ技術について考えるとともに、単に昔に回帰するということではなく、新たな価値観や技術を生み出そうとする視点から、エネルギー多消費型の、自然を力で押さえこもうとする姿勢ではない、新たな生活スタイルについて考える。

 

130522 末武純子

末武 純子

建築家

1967年生まれ。Suetake Studio 2 主宰。九州芸術工科大学大学院で省エネルギー・生態学的デザインを専攻。その後日本と英国にて様々な建築家のもとで働く。2000年に独立し主に住宅設計を通じて国産木材や自然素材に向き合う。2005年に再度渡英。昨年まで共同主宰を務めた事務所にて設計した木造住宅Bateman Mewsが2010年英国建築家協会賞受賞。現在はロンドンでUKパッシブハウス団体の仲間とコ・ハウジングを設計中。一級建築士。ドイツのパッシブハウス研究所公認パッシブハウス・デザイナー。

message-serizawa

芹沢 高志

デザイン・クリエイティブセンター神戸
センター長

1951年東京生まれ。神戸大学理学部数学科、横浜国立大学工学部建築学科を卒業後、(株)リジオナル・プランニング・チームで生態学的土地利用計画の研究に従事。その後、東京・四谷の禅寺、東長寺の新伽藍建設計画に参加したことから、89年にP3 art and environmentを開設。99年までは東長寺境内地下の講堂をベースに、その後は場所を特定せずに、さまざまなアート、環境関係のプロジェクトを展開している。帯広競馬場で開かれたとかち国際現代アート展「デメーテル」総合ディレクター(02年)、アサヒ・アート・フェスティバル事務局長(03~16年)、横浜トリエンナーレ2005キュレーター、別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」総合ディレクター(09年、12年、15年)などを務める。2014年、さいたまトリエンナーレ2016ディレクター。

ページの先頭へ戻る