スケジュール

+クリエイティブゼミvol.11 観光編 神戸デート研究会

ゼミ

日 時
2014/7/3(木)-9/24(水) 19:15-21:15
場 所
303  
講 師
永田 宏和(デザイン・クリエイティブセンター神戸 副センター長)
参 加
無料 / 要申込み(聴講可、要申込み)
定 員
30名
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸

協 力  谷本 奈穂(関西大学 総合情報学部 教授)、関西大学 谷本研究室

「デート」が似合う街、神戸。
デートの思い出(=デートログ)を収集し、それらをベースに、「デートの街・神戸」を市内外にプロモーションするプロジェクト「date.KOBE」。このプロジェクトは、阪神電気鉄道株式会社や三宮周辺の商業施設の賛同を集めながら、2014 年2月に「date.KOBE FESTA」開催という形で実を結び、現在さらに多くの賛同者を集めながら、神戸のシティプロモーション的なイメージでプロジェクトを発展させています。

こうした流れを踏まえつつ、KIITO では神戸におけるデート文化の発掘及び醸成を目的とした、ゼミ形式の「神戸デート研究会」を立ち上げます。関西大学・総合情報学部教授で文化社会学が専門の谷本奈緒先生のゼミとの協働が決定し、すでに学生の皆さんには、「神戸とデート」をテーマにした様々な角度からのリサーチを初めてもらっています。この学生さんたちのリサーチ結果をベースに一般公募のゼミ生たちも合流し、リサーチ、分析といった研究をさらに深めていく予定です。

また、今回のゼミでの研究の成果は、来年2回目を開催予定の「date.KOBE FESTA」の時期に合わせて、研究成果をまとめた冊子の制作・発行や展覧会などを行う予定です。こうした成果発表の方法自体もゼミの中でゼミ生とともに決めていく予定です。

聴講希望の方は、school@kiito.jpまでご連絡ください。


「date.KOBE」プロジェクトが生まれるまで

神戸市の創造的活動支援事業として、観光コンベンション推進室と協力し、2011年10月から2012年2月に「+DESIGNゼミ vol.5 観光編 神戸プロモーション」を実施。クリエイターや学生、一般市民の有志で「神戸の観光」をテーマとして、調査、検討しました。
ゼミで提案された企画の中のひとつで、「デート」という視点で神戸の観光をプロモーションする、とういうアイデアが2014年2月に「date.KOBE」プロジェクトとして実現しました。

date.KOBE プロジェクトはこちら

チラシデータはこちら

スケジュール

nagata

永田 宏和

デザイン・クリエイティブセンター神戸
副センター長

1968年兵庫県生まれ。企画・プロデューサー。1993年大阪大学大学院修了後、大手建設会社勤務を経て、2001年「iop都市文化創造研究所」を設立。2006年「NPO法人プラス・アーツ」設立。2012年8月よりデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の副センター長を務める。主な企画・プロデュースの仕事に、「水都大阪2009・水辺の文化座」、「イザ!カエルキャラバン!」(2005~)、「地震EXPO」(2006)、「ちびっこうべ」(2012、2014)、「EARTH MANUAL PROJECT展」(2013)などがある。

140610 谷本奈穂

谷本 奈穂

関西大学総合情報学部 教授

1970年、大阪府生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科修了。博士(人間科学)。現在、関西大学総合情報学部教授。専門は現代文化論、ポピュラーカルチャー論。著書に、『恋愛の社会学』、『美容整形と化粧の社会学』編著: 『博覧の世紀』『メディア文化を社会学する』、共著として『「はだしのゲン」がいた風景』『男らしさの快楽』『メディア文化を読み解く技法』、『大学生論』などがある。

ページの先頭へ戻る