スケジュール

+クリエイティブゼミ vol.12 まちづくり編 特別版 KIITO×Collective Dialogue「これからの公園のプロトタイプを試行する」公開セッション

ワークショップ

日 時
2015/2/28(土) 12:00-17:00
場 所
3階301ほか(神戸市内の公園での現地視察を含む)
参 加
無料(交通費実費負担・要昼食持参) / 要申込み(先着順)
定 員
40名
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸
共 催
Collective Dialogue(AXIS, IDEO, takram design engineering)
協 力
ネスレネスプレッソ株式会社
レポート
http://kiito.jp/news/report/2015/03/09/10297/

「これからの公園のあり方について考える」と題して2014年11月から2015年2月まで取り組んできた「+クリエイティブゼミvol.12 まちづくり編」。12月には、ゼミのタイアップ企画として、東京のAXIS, IDEO, takram design engineeringが共同で実施するアイデア創発型クリエイティブセッション「Collective Dialogue」と協働し、KIITOのゼミ生3名もそのセッションに参加し、全く異なるアプローチによる未来の公園に関する考察を試みました。
ゼミでの最終発表が終わった2月末、その成果のブラッシュアップに向けて、再び、KIITOの「+クリエイティブゼミ」と「Collective Dialogue」が、今度は神戸を舞台に協働を試みます。これまでのゼミでのリサーチと企画案を踏まえて、AXIS, IDEO, takram design engineeringと参加者とともに、さらなる具体的なアクション・プランを練っていきます。今回作ったアクション・プランは、今後の対象公園でのプロトタイプ試行への具体的な展開を目指します。
KIITOの地域に根差した実践力に「Collective Dialogue」の先進的なデザイン思考力をかけ合わせた、画期的な公開セッションとなる予定です。

ナビゲーター:永田宏和(デザイン・クリエイティブセンター神戸 副センター長)
パートナー:石川俊祐(IDEO Tokyo)、渡邉康太郎/佐々木康裕/徳久悟(takram design engineering)、宮崎光弘/佐野恵子(AXIS)

スケジュール
第1部 12:00-13:30 公園視察+ピクニック@神戸市内の公園(場所詳細は参加者に別途お知らせします)
12:00- 現地集合、概要説明、各自持ち寄りの昼食を食べながら、現地フィールドワーク
13:30 解散
-
第2部 15:00-17:00 公開セッション@KIITO 3F301
15:00- セッション開始
17:00 終了
-
第3部 17:00-19:00 懇親会@KIITO 3F301 (参加費1000円)


チラシデータはこちら
+クリエイティブゼミ vol.12 まちづくり編 「これからの公園のあり方について考える。 ~高齢化するニュータウンにおける公園を事例にして~」
http://kiito.jp/schedule/seminar/article/10142/
Collective Dialogueについて
https://www.facebook.com/CollectiveDialogue
AXIS x IDEO x takram「Collective Dialogue」レポート
http://kiito.jp/news/report/2014/12/15/9655/

nagata

永田 宏和

デザイン・クリエイティブセンター神戸
副センター長

1968年兵庫県生まれ。企画・プロデューサー。1993年大阪大学大学院修了後、大手建設会社勤務を経て、2001年「iop都市文化創造研究所」を設立。2006年「NPO法人プラス・アーツ」設立。2012年8月よりデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の副センター長を務める。主な企画・プロデュースの仕事に、「水都大阪2009・水辺の文化座」、「イザ!カエルキャラバン!」(2005~)、「地震EXPO」(2006)、「ちびっこうべ」(2012、2014)、「EARTH MANUAL PROJECT展」(2013)などがある。

ページの先頭へ戻る