SCHEDULE SCHEDULE

 

PROJECT

「○○さんの本棚」

「○○さんの本棚」

「気になるあの人はどんな本を読んでいるの?」
デザイン・クリエイティブセンター神戸では、三宮図書館との連携企画として、神戸内外のクリエイターの方々がこれまでに出会った本を紹介する選書企画「〇〇さんの本棚」を開催しています。
この本棚では、さまざまな分野のゲストが月替わりで本をご紹介します。新しい本や新しい視点との出会いをお楽しみください。
期間:随時
場所:2階 神戸市立三宮図書館

 

vol.1
選書者:永田宏和(デザイン・クリエイティブセンター神戸 センター長) *選書コメントはこちら

●『地震イツモノート』(監修:渥美公秀/編集:地震イツモプロジェクト/イラスト:寄藤文平 (イラスト)/出版社:木楽舎)
●『やっかいな問題はみんなで解く』(編集:堂目卓生・山崎吾郎/出版社:世界思想社)
●『エモーショナルブランディング~こころに響くブランド戦略』(著者:マーク・ゴーベ/監訳:福山健一/出版社:宣伝会議)
●『完訳 7つの習慣~人格主義の回復』(著者:スティーブン・R・コヴィー/翻訳:フランクリン・コヴィー・ジャパン/出版社:キングベア出版)
●『クリエイティブ・マインドセット~想像力好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法~』(著者:トム・ケリー&デイヴィッド・ケリー/翻訳:千葉敏生/出版社:日経BP社)
●『クリエイティブ・シンキング入門』(著者:マイケル・マハルコ/翻訳:白川司/出版社:ディスカバー・トゥエンティワン)
●『知の英断(ジミー・カーター,フェルナンド・カルドーゾ,グロ・ハーレム・ブルントラント,メアリー・ロビンソン,マルッティ・アハティサーリ,リチャード・ブランソン)』(インタビュー・編著者:吉成真由美/出版社:NHK出版新書)

 

vol.2
選書者:寄藤文平(アートディレクター、グラフィックデザイナー、イラストレーター) *選書コメントはこちら

●『性暴力と修復的司法―対話の先にあるもの』(著者:小松原 織香/出版社:成文堂)
●『俳優の仕事 第一部: 俳優教育システム』(著者:コンスタンチン・スタニスラフスキー/翻訳:岩田貴/出版社:未来社)
●『ぼんぼん』(著者:今江祥智/イラスト:宇野亜喜良/出版社:岩波書店)
●『見田宗介著作集 7』(著者:見田宗介/出版社:岩波書店)
●『現代社会の理論: 情報化・消費化社会の現在と未来』(著者:見田宗介/出版社:岩波新書)
●『ブリンジ・ヌガグ―食うものをくれ』(著者:コリン・M.ターンブル/翻訳:幾野宏/出版社:筑摩書房)
●『世界は「関係」でできている: 美しくも過激な量子論』(著者:カルロ・ロヴェッリ/翻訳:冨永星/出版社:NHK出版)
●『客観性』(著者:ロレイン・ダストン,ピーター・ギャリソン/出版社:名古屋大学出版会)

 

vol.3
選書者:早瀬直久(シンガーソングライタ―、クリエイター)
*選書コメントはこちら

●『えーえんとくちから』 (著者:笹井宏之/出版社:筑摩書房)
●『コンビニに生まれかわってしまっても』 (著者:西村曜/出版社:書肆侃侃房)
●『四角形の歴史』(著者:赤瀬川原平/出版社:筑摩書房)
●『大地の五億年』(著者:藤井一至/出版社:山と渓谷社)
●『腸と森の「土」を育てる』(著者:桐村里紗/出版社:光文社)

 

vol.4
選書者:藤 浩志(美術家、秋田市文化創造館館長、株式会社藤スタジオ代表、秋田公立美術大学教授) *選書コメントはこちら

●『いのちを呼びさますもの —ひとのこころとからだ』 (著者:稲葉俊郎/出版社:アノニマ・スタジオ)
●『ドラッカーと論語』 (著者:安冨 歩/出版社:東洋経済新報社)
●『上達論 基本を基本から検討する』(著者:甲野善紀、方条遼雨/出版社:PHP研究所)
●『今日のミトロジー』(著者:中沢新一/出版社:講談社)
●『メディア地質学ごみ・鉱物・テクノロジーから人新世のメディア環境を考える』(著者:ユッシ・パリッカ/出版社:フィルムアート社)
●『200年をたがやす』カタログ(企画・制作・発行:NPO法人アーツセンターあきた)

 

vol.5
選書者:見寺貞子(神戸芸術工科大学 大学院芸術工学研究科 教授 博士(芸術工学))
*選書コメントはこちら

●『ユニバーサルファッション-おしゃれは心と身体のビタミン剤-』(著者:見寺貞子・笹﨑綾野/出版社:繊研新聞社)
●『Advanced Style-ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ』
(著者:アリ・セス・コーエン/翻訳:岡野ひろか/出版社:大和書房)
●『ファッションインジャパン1945‐2020 —流行と社会』(編集:島根県立石見美術館、国立新美術館/出版社:青幻舎)
●『色のユニバーサルデザイン-誰もが見分けやすく美しい色の選び方-』(著者:日本色彩研究所/出版社:グラフィックス社)
●『裁ち方・縫い方質問集』(編集:文化出版局/出版社:文化出版局)

 

vol.6
選書者:アサダワタル(文化活動家/アーティスト、文筆家、近畿大学文芸学部教員)
*選書コメントはこちら

●『質問』 (著者:田中未知/出版社:文藝春秋)
●『わたしたちの小さな世界の問題―新しい教育のために―』 (著者:マリオ・ローディ/翻訳:田辺敬子/出版社:晶文社)
●『表現のたね』(著者:アサダワタル/出版社:モ・クシュラ)
●『あなたを選んでくれるもの』(著者:ミランダ・ジュライ/翻訳:岸本佐知子/出版社:新潮社)
●『人間の条件 そんなものない』(著者:立岩真也/出版社:新曜社)

 

vol.7
選書者:守本陽一一般社団法人ケアと暮らしの編集社
*選書コメントはこちら

●『ケアとはなにか 看護・福祉で大事なこと』 (著者:村上靖彦/出版社:中央公論新社)
●『社会的処方: 孤立という病を地域のつながりで治す方法』 (著者:西 智弘/出版社:学芸出版社)
●『ケアとまちづくり、ときどきアート』(著者:西智弘、守本陽一、藤岡聡子/出版社:中外医学社)
●『あそびの生まれる場所「お客様時代」の公共マネジメント』(著者:西川正/出版社:ころから株式会社)
●『社会という荒野を生きる』(著者:宮台真司/出版社: ベストセラー)

 

vol.8
選書者:西田博至(神戸市立三宮図書館 館長
*選書コメントはこちら

●『グリーンバーグ批評選集』 (著者:クレメント・グリーンバーグ)
●『失われた時を求めて』 (著者:マルセル・プルースト)
●『啓蒙の弁証法』/『啓蒙の弁証法を読む』(著者:M.ホルクハイマー,T.W.アドルノ/ 上野成利、高幣秀知、細見和之)
●『増補 普通の人びと』(著者:クリストファー・R・ブラウニング )
●『写真講義』/『挑発する写真史』(著者:ルイジ・ギッリ/金村修、 タカザワケンジ)

場 所
2F
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸

スケジュール一覧