NEWS NEWS

2019/4/19

REPORT

男・本気の料理教室|スイーツ男子教室④ レポート

「男・本気の料理教室 スイーツ男子教室」の4回目を開催しました。今回がこのプログラムの一旦の最終日となります。前回、林周平さん(パティスリー モンプリュ)にフランスの伝統的なマドレーヌのつくりかたを指導していただきました。本日はそのレシピを自主練で行います。

  

受講生は集合時間前にはキッチンに集合し、エプロンに着替え、計量の準備を進めていました。とてもまじめです。前回の林さんの指導を思い出しながら作業を進めていきます。練習の成果もあり、とても時間のかかっていた計量も、見違えるようにスムーズに進みました。お互い声をかけ、材料の確認も慎重に行っていきます。マドレーヌの型にバターを塗るのも忘れずに行い、塗り終わったら冷蔵庫へ。

  

次は卵を溶き、粉類を混ぜていきます。ここがポイントです。卵は泡立てるのではなく切るように混ぜること。粉類は先に合わせてから、卵を入れたボウルに入れ、こちらも泡立てるのではなく、漢字の「一」を書くように混ぜます。しっかり混ぜなければいけませんが、混ぜすぎもダメです。ここがとても難しいようです。だんだんと生地につやができました。生地ができたら、しぼり袋へ入れ、冷蔵庫から取り出した型へ流し込みます。しぼり袋の扱いもだいぶ慣れてきました。

  

予熱したオーブンに生地の入った型を入れます。今回はどんな感じに焼き上がるのでしょうか。焼き上がりを待つ間、受講生は率先して作業台を片し、道具類の洗い物をします。プロ意識を感じました。キッチンに甘い香りが漂い始め、マドレーヌが完成しました。少し焼き色が薄いかも、もっとへそを上げたいなど意見がありましたが、味はとても美味しかったようです。

  

マドレーヌ教室は今日で終了しますが、翌月にお披露目会が開催されることになりました。同じプログラムで特訓を重ねている、カレーチーム、コーヒーチームとの合同で行います。マドレーヌチームは、今回焼いた、フランスの伝統的なレシピの方で進めることになりました。お披露目に向け各自家でも特訓を重ねていきます。

〈男・本気の料理教室〉50歳から始める・スイーツ男子教室 概要
男・本気の料理教室 スイーツ男子教室① レポート
男・本気の料理教室 スイーツ男子教室② レポート
男・本気の料理教室 スイーツ男子教室③ レポート