SCHEDULE SCHEDULE

6/28 Fri - 1/28 Fri

PROJECT

KIITO300ファーム|大学連携|大阪大学

KIITO300ファーム|大学連携|大阪大学

持続可能な将来社会のための地域共創イベントを提案せよ

KIITO300ファームの大学連携事業として、大阪大学超域イノベーション博士課程プログラムと連携した社会課題解決型人材育成プログラムを実施します。

課題内容|
「持続可能な開発目標(SDGs)」は、2030年を見据えた国際社会の共通課題であり、そこで掲げられた17の目標・169のターゲットを達成すべく、現在世界規模で取り組みが進められている。ただし、それぞれの課題は、複合的かつ相互性を有しており、個別にはこれまで長く取り組まれてきた経緯もある。SDGsは、それら諸課題を包括的に示したスローガンであり、その実現には、目先の目標を個別に達成するという以上の取り組みが求められる。 
 本課題では、SDGsの理念とそこに含まれる課題を深く理解した上で、持続可能な将来社会のために必要な地域の取り組みを創出する参加型イベントの提案を行う。舞台となるのは、神戸の玄関口である三宮から神戸税関のあるウォーターフロントエリアまで伸びるフラワーロード。三宮周辺地区の「再整備基本構想」として、美しき港町・神戸の玄関口“三宮”を実現するためのまちづくりを目指している。そこに集う企業、行政、市民が、誰一人として取り残されることなく、また我が事として社会課題と向き合うために必要な社会参画のプラットフォームとは、どのようなものだろうか。SDGsの視点から、実現に向けて、この問いかけに具体的な活動のイメージを与えていかなければならない。この課題に取り組むチームには、2‐3年以内に実施可能な地域共創イベントの提案と共に、フラワーロード周辺で関わりの深いステークホルダーが、それぞれの立場から、共通の目標に向けて参画できる場を継続的に創出するための、長期的なビジョンの提示が期待される。

同じテーマで、神戸大学V.School、神戸大学工学研究科減災デザインセンター、+クリエイティブゼミvol.36とも連携がスタートしており、10月16日(土曜)には参加者による合同発表会を実施します。

課題提供:デザイン・クリエイティブセンター神戸

レポート|
キックオフ授業
フィールドワーク

大阪大学超域イノベーション博士課程プログラム:http://www.cbi.osaka-u.ac.jp/

※中間発表会を10/16土、KIITOにて実施する予定です。

日 時
2021/6/28(金)-2022/1/28(金)
講 師
山崎吾郎(大阪大学COデザインセンター)、永田宏和(デザイン・クリエイティブセンター神戸)
対 象
大阪大学超域イノベーション博士課程の学生のみ
主 催
大阪大学超域イノベーション博士課程プログラム、デザイン・クリエイティブセンター神戸

スケジュール一覧