SCHEDULE SCHEDULE

2022/1/4 Tue-1/14 Fri

PROJECT

アーティストサポートプログラム<br>エラ・ホチルド×中野信子×森山未來『Dance of Death(仮称)』

アーティストサポートプログラム
エラ・ホチルド×中野信子×森山未來『Dance of Death(仮称)』

デザイン・クリエイティブセンター神戸は、アーティストサポートプログラムの一環として、エラ・ホチルド×中野信子×森山未來『Dance of Death(仮称)』を開催します。
プロジェクトには、俳優・ダンサーの森山未來、振付家・ダンサーのエラ・ホチルド、認知神経科学者の中野信子が参加し、分野を越えた3名のクリエイターが、各自の専門性・アイデアを生かした議論を重ね、多数の視点による対話や実験を行うことで、表現や創作の在り方を探ります。
尚、アーティストサポートプログラムの期間中には、一般公開プログラムを予定しております。詳細はWebサイトにてご案内いたします。

『舞踏とは命がけで突っ立った死体である』という、暗黒舞踏の創始者・土方巽が50年以上前に遺した言葉がある。現在、科学技術が飛躍的に発達したこの世界で、我々の死生観はどのように変容したのだろう。保存料の含まれた食品の摂取によって、僕らの身体は腐らない。人間の意識を機械にアップロードすることができれば、将来的に肉体を必要としない日が来るかもしれない。そんな現代における解釈によって表現される『命がけで突っ立った死体』には、どのような思考が働き、また、他者とどのような関係を結ぶのか。イスラエルで生まれた身体メソッド「GAGA」、ニューロサイエンスにおける視座、そして、日本独自のダンススタイルと言われる「舞踏」。ホチルド、中野、森山から紡がれるトライアローグを通して、言葉と身体の関係性から死生観までをも含めた人間存在を見つめ直すパフォーマンスを志向している。
(森山未來)

日 時
2022年1月4日(火)~1月14日(金)
場 所
KIITOホール
構成・演出・振付
森山未來(俳優、ダンサー)
エラ・ホチルド(振付家、マルチディシプリナリー・アーティスト、ダンサー)
中野信子(脳科学者、医学博士、認知科学者)
記録
松澤 聰(映像作家)
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸
協 力
NPO法人DANCE BOX

スケジュール一覧