スケジュール

神戸スタディーズ#4 「”KOBE”を解す―せめぎあいにみる神戸の都市史」

レクチャー

日 時
2016/1/27(水)、2/6(土)、2/13(土) 
場 所
301 ※第2回は「3B」に集合後、神戸市内に移動します
講 師
村上 しほり(都市史・社会史研究者)
モデレーター:芹沢 高志(デザイン・クリエイティブセンター神戸 センター長)
参 加
無料
定 員
第1回:50名/第2回、第3回:各25名
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸

2013年の開催以来となるレクチャーシリーズ「神戸スタディーズ」の#4を開催します。全3回で構成される今回は、近現代神戸の都市史を専門とする、研究者の村上しほりさんをお招きして、"KOBE"というまちに抱くイメージを、まちの痕跡や人びとのつながりを手がかりに解(ほぐ)してみます。
都市(まち)はまるで生きているかのように、日々変わり続けています。神戸の都市空間は、第二次世界大戦の前後、占領期、経済成長、震災などの大きな契機に加え、さまざまな人びとのくらしの営為によっても姿かたちを変えてきました。今回は、わたしたちの暮らす神戸のなりたちをきっかけに、まちを歩き、感じ、語り合い、都市空間の読み方を、広い視野で学ぶ機会としたいと思います。

【プログラム】
◎第1回 2016/1/27水 19:00-20:30
レクチャー「概論:近現代神戸 都市(まち)のなりたち・人びとのくらし」
戦後や災後にかぎらず、また都市にもかぎらず、いつでもどこでも複数の人間が暮らせば、せめぎあいが生じます。その解決を重ねて、人も都市も変わり続けていく。身近な神戸を事例として、語り継がれなかった近現代都市空間の読み方を学びます。
→レポートはこちら

◎第2回 2/6土 14:00-18:00
フィールドワーク「商業のまち・復興のまち 三宮」
三宮は神戸のなかでも目まぐるしく更新されてきたまち。災害や占領の影響を受けるも商業が栄え、都心となり、震災によってさらに姿を変えました。かつてのまちの痕跡を歩いて辿り、くらしの記憶に触れます。
※会場に集合後、神戸市内に移動します
→レポートはこちら

◎第3回 2/13土 16:30-18:00
トークセッション 「過去から未来へ:まちの変わる契機(モメント)」
これまでの都市空間が変わる契機となった災害、社会の動き、くらしの記憶の層(レイヤー)をふり返りつつ、これからの神戸というまちへの想いを、いまあらためて語り合います。
→レポートはこちら

チラシデータはこちら(PDF,3.5MB)
成果冊子PDFはこちら(PDF,23.3MB)

【「神戸スタディーズ」とは】
「神戸ってどんなまち?」と聞かれて、あなたはなんと答えるでしょうか。さまざまに語られる神戸というまちのイメージをあらためて考えるため、多様な専門分野の方を講師に迎え、これまでなかった視点で神戸を見る「神戸学」をつくる試みです。

【過去の神戸スタディーズ】
#1 神戸レイヤーマッピング 開催概要レポート
#2 地-質からみる神戸 開催概要
#3 レクチャー 垂直の空間性からみる神戸 ~大阪湾と播磨灘の水の文化を中心に~ 開催概要レポート

【お申込み】
お申込みは各回ごとに受け付けております。
全ての回にご参加希望の方は、お手数ですが下記リンクより各回ごとにお申し込みください。

第1回申込み 第2回申込み 第3回申込み

※資料画像の出典記載について
本イベントチラシの裏面に掲載した資料画像につきまして、上から2番目の画像に、下記の通り出典記載の漏れがありました。お詫びしてここに訂正いたします。
誤:鯉川筋ガードより三宮を眺める。緑地帯にはバラック群 1946年
正:鯉川筋ガードより三宮を眺める。緑地帯にはバラック群 1946年(Harvey B. Arndt撮影)

murakami

村上 しほり

人と防災未来センター 震災資料専門員
神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 研究員
都市史・社会史研究者

1987年 神戸市出身。2014年神戸大学大学院修了。博士(学術)。さまざまな外的要因を契機に変容する都市における、人びとのくらしや集合的な空間形成として育まれる文化に着目して、占領期神戸の戦災復興過程の社会・空間構造について研究。

共著に『盛り場はヤミ市から生まれた』(青弓社、2013年)、論文に「三宮東地区「三宮国際マーケット」の形成と変容過程について―戦後神戸におけるヤミ市と市街地形成に関する史的研究」(『日本建築学会計画系論文集』第78巻第693号, 2013年)など。

現在は、占領期の都市空間に対するGHQの関与や災害復興の記録について、時間的・空間的隔絶のさきに体験や教訓を伝える営みを重視し、語り継がれなかった地域の形成経緯と変容の契機について調査研究を進めている。日本学術振興会特別研究員を経て、現職。

message-serizawa

芹沢 高志

デザイン・クリエイティブセンター神戸
センター長

1951年東京生まれ。神戸大学理学部数学科、横浜国立大学工学部建築学科を卒業後、(株)リジオナル・プランニング・チームで生態学的土地利用計画の研究に従事。その後、東京・四谷の禅寺、東長寺の新伽藍建設計画に参加したことから、89年にP3 art and environmentを開設。99年までは東長寺境内地下の講堂をベースに、その後は場所を特定せずに、さまざまなアート、環境関係のプロジェクトを展開している。2014年より東長寺対面のビルにプロジェクトスペースを新設。帯広競馬場で開かれたとかち国際現代アート展「デメーテル」総合ディレクター(02年)、アサヒ・アート・フェスティバル事務局長(03年~)、横浜トリエンナーレ2005キュレーター、別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」総合ディレクター(09年、12年、15年)などを務める。2014年、さいたまトリエンナーレ2016のディレクターに就任。

ページの先頭へ戻る