お知らせ・レポート

7/15(月・祝) トークセッション パッシブデザインとわたしたちの未来

 

二日目には、前日のレクチャーの内容を受け、モデレーターの芹沢とのトークセッションを行い、会場との意見交換を行いました。

60年代後半という時代は、「私たち人間はこのまま突き進んでよいのだろうか」と思い始める時代でした。レイチェル・カーソン『沈黙の春』に代表されるように、第二次世界大戦の時の、なりふり構わない技術の進歩によって、環境へ与える影響が蓄積し、顕在化してきた時だったのです。また、経済成長もいつかは頭打ちになるだろうことが見え始めた時でもありました。
そんな中、ガガーリンが宇宙に行き、「地球は青かった」という言葉を残し、人類が初めて自分たちの生活している場所を外から見た、という事実が世界に衝撃を与えました。音楽分野ではビートルズの「アビー・ロード」がヒットし、世界中どこにいても、レコードによって同じ音楽を聞くことができる、世界が小さくなったことを実感する時でもありました。また、バックミンスター・フラーにより「宇宙船地球号」概念が登場し、ローカルを超え、地球規模でものごとを考えなければならないのではないか?そのような視点が提示されたのです。
また、イアン・マクハーグにより「Design with Nature」(1969)が表され、「エコロジカルプランニング」という手法を確立しました。私たちをとりまく環境を自然と社会の総和として捉えるもので、例えばある土地の上に建造物を建てるとき、土地の利用の仕方を経済的な要素のみで決めずに、地面の状況や環境を調査した上で考えよう、というものです。
このような時代のなか、古代ギリシャ時代から存在していたパッシブデザインの概念に、1975年ごろにその名前があてがわれました。

今回、「パッシブデザイン再考」と題した意図として、そのような選択肢がそもそも存在するとことを知らせたかった、ということがあります。2011年3月11日以降、エネルギーの再考が叫ばれる中で、ソーラーエネルギーなどの代替案がそもそも「アクティブ」が前提となっているのです。そもそも、私たちの生活は現状のエネルギー消費量を保たないと成り立たないのでしょうか?そうではない選択肢もあってもいいのではないでしょうか。
この考えがあまり知られていない背景として、パッシブに重きを置こうとする人は声を大きくして(=アクティブに)主義主張を押し通すことに対して躊躇するマインドがあるのでは、と芹沢は指摘します。
専門家同士で共有するだけでなく、社会へむけて存在そのものをアピールしていくべきでは、そして、社会全体でオルタナティブなあり方を試していくマインドを持つべきではないか、と芹沢は続けます。

多量のエネルギーを使い、外界と遮断し、または熱を周りに無関係に排出することで、生活環境はどんどん自閉的になっています。今一度、私たちは生き物の世界に生きている、ということを思い出し、家の建て方、住まい方、食物の食べ方などについて、自然とうまく付き合っていくことを考えてもいいかもしれません。
一人ひとりが自分自身の行動をすこしずつ変えていくことによってのみ、生活をよりよくしていけるのではないか、と芹沢は提案します。大きなことは自分一人では変えられないけれども、個人で選択できる範囲のことは自分で責任をもつことができます。たとえば、家を建てるチャンスに恵まれた時、パッシブデザインを一部に取り入れることは可能なのです。

末武さんが例に出されたブラッド・メルドーの例は、そのままパッシブなあり方とは何かを指し示します。周囲の環境や人の話を聞く重要さです。末武さんが、尾根で囲まれている宮崎のある村での調査の経験を話してくださいました。地元の人を土の人、外から調査にやってきた人を風の人と呼び、風の人が土の人に地元のことについて聞くことによって、地域のポテンシャルを見つける手法を取ったそうです。アクティブに話すことばかりがクリエイティブだと捉えられがちですが、「聞く」とは何もしないということではなく、クリエイティブな営為なのです。

開催概要はこちら

 2013/7/14(日) 一日目 レクチャー

 

「未来のかけらラボvol.2 ~パッシブデザイン再考~」では、イギリスを拠点として活躍する建築家、末武純子さんを講師にお招きし、二日間にわたる講座を行いました。

まず一日目には、二回の連続レクチャーを行いました。
「パッシブデザイン」とは、日光や風、熱さ、寒さなど、建築を取り巻く外的な環境である自然を、エアコンなどの機械と、それを動かすエネルギーを極力使わずに建物に取り入れ、快適に過ごそうとする設計手法のことです。パッシブは「受け身の」「消極的」といった意味があり、アクティブ(積極的)の対概念でもあります。

パッシブデザインの古い事例はアルハンブラ宮殿フェネラリフェ庭園に見る事が出来ます。
歴史を通して、建物やそれと連続する庭はその土地の気候に合わせて作られてきました。現代ではアクティブ、つまりエアコンなどによる空調設備が主流となり、建物を密閉して外界と遮断することで、建物内の環境を保っています。それはつまり多量のエネルギーを消費しており、また設置とメンテナンスなどに労力が必要です。パッシブデザインは、そのような現状に対し、動力で動くものをさけ、必要とされるエネルギーの投入を減らそうとします。

パッシブとは状況を変えようとせず、特別な行動をせず、他のものに影響させることを許します。たとえばアメリカのジャズプレイヤーのブラッド・メルドー・トリオが「互いの音を聴いて、演奏する」と言っているように、他の芸術分野にも見いだせる態度であると言えます。

建築例としては、日本では、聴竹居(藤井厚二)が代表的です。また、末武さんも関わられたロンドンのEco-Hub(アンソーン アーキテクツ)は、身近な材料であるわらで出来たブロックを壁に使用しているストローベイル・ハウスです。断熱性能が高いため、寒さに対しても、暑さに対しても有効で、少ないエネルギーで快適な環境が作れるとのことです。レクチャーでは、実際にこの建物をセルフビルドしている様子を写真にてご紹介いただきました。

レポート2
開催概要はこちら

2013年7月18日(木)

MCsemi_130718_03 MCsemi_130718_04
MCsemi_130718_05 MCsemi_130718_06
MCsemi_130718_07 MCsemi_130718_08


「他者とつながる―1」

今回は、他者とつながり、作用しあうことをテーマにワークを行いました。
途中、いつもの部屋を飛び出して、フロア中を歩いてみることに。ペアになって、片方の人は目を閉じて相手の背中に触れ、見えている人がいろんな場所へ連れ出します。先導する人は相手を気遣いながらも、ソファに登ったり、机の下をくぐったりと、驚かせよう、また、今どこにいるのかを伝えようとしていました。目を閉じている人は「時間が実際の2倍くらいに長く感じられた」「普段意識しない、歩くときの振動を感じた」「床の違いで場所が変わったのが分かった」などなど。手のひらの感触だけを頼りに、どこへ連れて行かれるのかわからない状態は、とても怖かったようで、「わ!」と驚く声や「どこ?!」と確認する声(返事はありません。先導する人は、したり顔。)が飛び交っていました。手のひらがぴったり背中に触れているとまだ安心ですが、前の人の歩くスピードが速くなって指先しか触れていない状態だと、不安で腰が引けてしまいます。そして、それは指先の力の入り方で、先導する人にも伝わります。逆に、先導する人がリラックスしていないと、相手にも伝わって不安にさせてしまいます。

部屋に戻って、今度は手の甲に触れながら、動きました。場所の安心感も大きいですが、同じように目をつぶっていても、背中と手では全然違います。ダンスをエスコートしたりと、より信頼して向き合っているな、という印象。少しくらい走っても平気です。一方的に連れ出す状態から、より深いコミュニケーションへと変わりました。目を開ければ、もっとひらけて、2人だけでなく全体にも意識が向きます。すれ違う別のペアを巻き込んだり、輪の中に入っていったりしながら、流れを変えていきます。

触れる場所によって感じ方はさまざまで、背中は動きをコントロールできない=怖いですが、例えば、肩を掴んでいれば、連れられている人の方からもコントロール可能なので、あまり怖くなくなります。手も、甲と手のひらだと、手のひらの方がつながっている感覚が大きくなります。こうしてからだを触れ合わせたコミュニケーションは、普段、大人の世界ではなかなか出来ないものですが、一歩踏み込んでみると、豊かなコミュニケーションが育まれるのですね。


開催概要はこちら

今秋「KOBE デザインの日」記念イベントの一環として、「EARTH MANUAL PROJECT展」を開催いたします。
「EARTH MANUAL PROJECT展」は、自然災害との向き合い方、生き抜くためのスキルや知識などを「+クリエイティブ」な視点から紹介する展覧会です。

詳しくはこちら

デザイン・クリエイティブセンター神戸で、今秋「KOBEデザインの日」記念イベントの一環として、開催する催事についてプレスリリースいたします。

プレスリリースはこちら(PDF)

本日11:00より、下記イベント参加申込みの受付を開始いたしました。
申込みは、それぞれ下記リンクのイベントページ下部にあります申込みフォームよりお願いいたします。


2013/8/10(土)、11(日)、31(土) 
子どものためのCREATIVE WORKSHOP  ちびっこうべシリーズ
詳しくはこちら

2013/9/21(土)
KIITalk 『のんびり』の作り方 ~地方から、ニッポンの未来を提案する方法~
出 演
[のんびり 県外チーム] 藤本 智士、堀口 努
[のんびり 秋田チーム] 笹尾 千草、田宮 慎、渋谷 和之、矢吹 史子
詳しくはこちら

2013/9/7(土)
+クリエイティブワークショップ 新!編集を学ぶかべ新聞部
講 師/藤本 智士(編集者、有限会社りす代表)
詳しくはこちら

2013年8月3日(土)は「第43回みなとこうべ海上花火大会」が開催され、
施設周辺の混雑が予想されるため、臨時休館いたします。

2013年7月22日(月) 

130604_nagata_semi_1 130604_nagata_semi_03
130604_nagata_semi_1 130604_nagata_semi_03
+クリエイティブゼミvol.7「防災+まちづくり+観光編」の初回ゼミとして、京都大学防災研究所巨大災害研究センターの矢守克也氏を迎え、特別レクチャーを開催しました。

このゼミでは、来街者の多い都心部に設置予定の「津波避難情報板」を「防災」の観点だけでなく、「まちづくり」や「観光」の観点からも考え、日々利用されることで災害時にもより一層機能する、そんな「津波避難情報板」のあり方を導き出していき、神戸発の新しい「津波避難情報板」のあり方を発信を目指します。

様々な視点で津波避難を考える|見通孝(神戸市危機管理室 神戸市危機管理官理事)
神戸市は津波想定の最大が2.5mとされ、沿岸部以外への浸水被害はないと言われていましたが、現在は4mとなり、防潮堤を越えて居住地区まで津波が押し寄せる想定となっています。日常的に使用し見ていただけるサインの設置を行い、誰もが安心して買い物ができる、安心をもてなしの一つとして考え、神戸のまちの魅力を高めていきたいと考えています。ゼミで様々な視点から考え、良いアイデアをご提案いただきたいと思っています。

ゼミの進め方|永田宏和(デザイン・クリエイティブセンター神戸 副センター長)
どのような避難案内板があれば、普段から目にしながらも、被災した時に役立つのか、その視点から考えることが本当に役立つものを生み出すことに繋がると思います。対象エリアは三宮、元町、ハーバーランドとし、来街者が主なターゲットになります。看板を設置して終わりではなく、これからの避難案内の担い手づくりも大切なことです。6回目に中間発表を行い、10回目のゼミでの最終発表の提案を基に、コンペなどでアイデアやデザインを募集し、実際に製作する予定です。



避難する人が”主役”になる津波避難訓練づくり|矢守克也(京都大学防災研究所巨大災害研究センター)

ゾーンディフェンス

チリは地震や津波の多い地域で、2010年2月に巨大地震が発生し、その影響で24時間後日本にも津波が到達しました。チリでは誰もが一目で逃げる方向がわかるように電柱に色で塗られています。矢印等で示すとみんなが同じ方向に行き、渋滞や衝突が起こります。津波は水の動きであるので、逃げる方向が分かれば十分なため、このゾーンディフェンス的な考え方で伝える方法が良いと思います。どの方向に逃げれば安全かを簡単に示すことが重要です。

全国最大の津波想定
神戸とは条件が異なりますが、高知県四万十町興津地区を紹介します。人口約1000人の小さな集落ですが、小学生を中心に地域の方と津波防災教育の試みを3.11以前より行っています。全国的にも津波避難の施設整備が非常に進んでおり、全国からの視察が相次いでいる地域ですが、3.11後、全国最大の津波の高さ34mが来ると想定が変更されました。それにより既に設置されている避難タワーを従来よりも5m高く積み上げることが検討されています。

4大よろしくない対応

1.「絶望、あきらめ」
 もうだめだと思っているご年配の方が多くいらっしゃいます。確かに、就寝時や入浴時に15分以内に逃げるというは大変難しいことです。
2.「油断、慢心」
心理学的には「絶望・あきらめ」とほぼ同様の対応で、注意を怠り、準備や対策を行わないことです。高さ30mの津波が本当にくるのか、過去の南海地震(1946年)では沿岸部の一部が被害にあった程度の為、研究者が極端な想定をしているのではないかと考える人もいます。
3.「徒労感」
 従来12mの津波が想定され、15mの避難タワーの設置や高台に逃げる訓練を度々実施していましたが、想定が変更され、今までの行いが無駄になった、報われないと考える方もいらっしゃいます。
4.「お任せ」
 「より高いタワーを建てて欲しい、私たちは何もしないからみなさんお願いします」という他者にお任せする態度があります。住民の方の話やアンケートでも「先生よろしくお願いします」と度々言われます。主体的に行動し、頑張るのはみなさんなのですよとお答えしています。

個別避難訓練
昨年から実施している「個別避難訓練タイムトライアル」は、4大よろしくない反応をする住民の方やその反応をせざる負えない状況の方々に対し、自らの力で状況をどのように乗り切るのかを自主的に考えていただく試みです。自分たちが逃げようと考えている避難場所へ実際に逃げ、その一部始終をビデオ撮影します。GPSを持って避難を行い開始から何分後にどこにいるのかが地図上に表示され、それぞれの「動画カルテ」が出来ます。現在、全住民1000人の「動画カルテ」をつくることを目標としています。「動画カルテ」は、想定より15分早く津波が来た場合と15分避難が遅れた場合の2種類のシミュレーションがされています。映像では、訓練通りであれば15分余裕を持ち避難可能だという前向きな情報を伝えるとともに、一方で15分避難が遅れることも容易に想定され、その場合について考える機会にもなります。地震で家屋の状況が異なり、電柱が倒れ道を塞いだり、足をけがしたり、人を助けたりするかもしれません。避難が遅れる要因を少なくするために、どうしたら良いかを考えます。

津波防災の第一歩
誰もが高齢者になります。一人でも多くのお年寄りが元気に歩くことが、津波防災の第一歩です。しっかり歩けるという事はその方も助かるし、助けに行こうとするリスクが減ります。



+クリエイティブゼミvol.7 防災+まちづくり+観光編
「神戸発:日常的にも活用される津波避難情報板を企画する」

http://kiito.jp/schedule/seminar/article/4227/







2013年7月19日(金)

sano01 sano02
sano04 sano03

第5回目のゼミでは、前回のゼミで取り組んだ「コンビニでコレがあったら(コンビニに)入る」という企画の発表を行いました。プレスリリースの形式で「冒頭」「見出し」など作成した企画をひとりずつ発表しました。

コンビニ物産展の開催、コンビニで語学学習、来店したお客さんが感想などを付箋で貼っていく、新人バイト応援キャンペーン、RPG風コンビニエンスストアなど、様々な企画が発表されました。
その中で、サノさんは、バックヤードを常時モニタで公開する企画を特に推されました。サノさんが企画を進める上で最も重視する「視点を変える」ことを実践した企画だからです。

次回のゼミでは、実際にサノさんが仕事を進めているクライアントをお呼びし、活動内容などのお話をうかがった上で実際に広報の企画をたてて、デザインの制作を進めます。
この企画とデザインは、クライアントが実施に持ち込む可能性もあるそうです!

並行して、第4回と第5回で取り組んだコンビニの企画についても、制作物を想定し、企画をデザインに繋げる作業を行います。
また、来週からは、講師であるサノさんやゲストとの個別の指導もゼミ内で行われる予定です。

+クリエイティブゼミ vol.5「デザイナーの次のかたち」
開催概要はこちら

『おおらかべ新聞』(大阪)や、『のんびり』など、地方の魅力を発信し続ける編集者、藤本智士さんを講師に迎え、神戸のまちの魅力を伝えるための壁新聞を制作。編集の力について学ぶワークショップを開催します!

※申し込みは7月26日(金)11:00から開始します。

詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る